トップニュース

100日以内に感染症ワクチンを準備するための日本の20億ドルの計画

日本の新しい研究努力は、コロナウイルス、サル水痘、デング熱ウイルスを含む感染症に対するワクチンに取り組んでいます。クレジット: Eugene Hoshiko/AP/Shutterstock

日本政府がコロナ19ワクチンの開発速度が遅いことを認識した後、政府は今後の感染症に迅速に対応できるようにワクチン研究イニシアチブに20億ドルを投資することを約束しました。

SCARDA(Strategic Center of Biomedical Advanced Vaccine Research and Development for Preparedness and Response)は、mRNAなどの様々なワクチン送達技術を用いて、コロナウイルス、サル豆、デング熱ウイルスおよびジカウイルスを含む8つの病原体に対するワクチン研究に優先投資する予定です。 技術、ウイルスベクターおよび組換えタンパク質。

SCARDAが選んだ中央研究センターの一員でもある東京大学のワクチン学者であるKen Ishiiは、日本がCOVID-19ワクチンを作る上で残りの世界に追いつくには「遅すぎる」と話しました。 国内で最も発展したコロナ19ワクチン候補3種はまだ臨床試験後期段階にあり、使用承認を受けたことはない。

この遅れを認識して、日本政府は3月にSCARDAを設立しました。 センターは11月に正式に発足する予定だと石井は言います。 政府は、ワクチン開発が複雑で資源が必要であることを悟り、この分野に活力を吹き込んだと大阪大学のワクチン学者である豊広堀氏は言います。 「それはとても大きなお金です」と彼は言います。

東京大学のウイルス学者であり、SCARDA中央研究センター所長の川岡義弘(Yoshihiro Kawaoka)は、このイニシアチブが日本全域の研究者たちを一括集めると述べた。 「少なくとも日本ではユニークです」

百日の目標

SCARDAの目的は、感染症の可能性が確認された病原体の最初の100日以内に大規模生産が可能な診断テスト、治療薬、およびワクチンを生産することです。 この100日のミッションは、2021年にイギリスが初めて提案し、G7裕福な国家グループの他の国々の支援を受けました。 同様のイニシアチブは、米国生物医学先端研究開発庁(BARDA)です。 これは、感染症を含む公衆衛生緊急事態に対応してワクチン、薬物および診断の開発を調整し、いくつかのCOVID-19ワクチンに投資します。

SCARDAの事務総長である浜田真姫氏は、「SCARDAは新しい組織であるため、BARDAから学ぶことがたくさんあります。

SCARDAの最初の承認されたプロジェクトの2つは、SARS-CoV-2などの重症急性呼吸器症候群(SARS)に関連するコロナウイルスグループ用の汎用コロナウイルスワクチンおよびワクチンを開発することを目的としています。 別のプロジェクトは、ワクチン候補を評価するためのファーストトラックシステムを作成します。

日本センターは、5年間で約30人の従業員と資金で運営されます。 割り当てられた20億ドルのうち、12億ドルはワクチンの研究開発プロジェクトに使用され、4億ドルは新薬開発のスタートアップを支援するために使用されます。 別の4億ドルは、ワクチン科学の基礎研究のための優れたセンターの仮想ネットワークを確立し、初期段階試験でワクチン候補をテストするために使用されます。 目標は「未来ワクチンの種を探すこと」と川岡は言う。

東京に拠点を置く中央研究センターの他に、大阪大学、長崎大学、北海道大学、千葉大学の4つのコア研究所があります。 もう5つの機関は、動物モデルなどのサポートサービスを提供します。

マラリアのいくつかの臨床試験をリードし、SCARDAとは関係のないHoriiは、現在、日本でのワクチン開発のボトルネックが研究を臨床実践に転換していると述べています。 SCARDAは、臨床試験を通じてワクチン候補を選択する専門知識を開発するために基礎科学を超えなければならないと彼は言った。 「日本にはワクチン専門医が多いが、ほとんどが基礎研究員です」

READ  日本の2020年求人性45年ぶりに最も急激な減少の記録

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close