世界

103海兵隊が全域を開始し、COVIDワクチンを拒否してブート

最大30,000人の兵士が予防接種を受けていないまま、同じ運命に直面する可能性があります。

103人の海兵隊がコロナ19ワクチン接種を拒否して戦役したと海兵隊が木曜日明らかにした。 予防接種締め切り後にそうする機会が数回あります。

8月末、Lloyd Austin国防長官は、COVIDワクチンがすべての米軍エージェントに義務付けられるように命じました。 それまでは自発的だった。

軍は迅速に期限を定め、予防接種をしなければ全域できると将兵たちに警告した。

現役病予防接種比率は95%以上である一方、未接種者は3万人に迫る。

今週初め、空軍は27人の空軍将兵が行政除隊を受けたと発表し、警告に従って措置を取ったことを初めて公開しました。

空軍と海軍が提供した最新の数値によると、7,365人の空軍と5,472人の海軍が予防接種を受けておらず、ワクチン接種を全面拒否したり、行政的、医療的または宗教的免除要請処理を待っています。

海兵隊は木曜日182,500人の現役海兵隊の95%が少なくとも1回のコロナワクチン接種を受けたと明らかにしました。 これは軍服務の最低割合です。 海兵隊は1,007件の医療および行政的免除を承認し、宗教的免除を要請した3,144件のうち2,863件を引き続き処理しています。

陸軍は木曜日478,000人の現役軍人のうち、ほぼ98%が予防接種を受けたと発表しました。

陸軍は、3,864人の兵士がワクチンを全面拒否し、さらに6,263人が免除要求の処理を待っていると明らかにしました。

ワクチンを接種していない兵士の大多数は宗教的免除を要求したが、まだ宗教的理由で免除を承認したサービスはない。

今週議会で通過した国防承認法案は、ワクチンを拒否した理由で軍隊から追い出された軍人が名誉除隊または「名誉な条件下での一般除隊」を受けることを保証します。

陸軍は他の軍と違って予防接種を拒否する兵士を除隊せず、代わりに’フラグ’状態に進級できず、入隊契約満了時に全域しなければならない。

陸軍スポークスマンテレンス・ケリー中佐は、ABCニュースに「ワクチン接種を拒否した旗を付けた兵士は、定期的なコロナ検査を受けなければならないだろう」と話した。

Kelleyは、毎日同じ作業場所に報告する兵士は毎週テストを受けているが、遠隔勤務中であり、作業場所を訪問しなければならない人は、会議または作業活動後72時間以内にテストを受けなければならないと述べた。

READ  Shamima Begum:ISISに加入した英国の若者は、市民権のために家に帰ることができません。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close