トップニュース

107歳の日本の対、世界の最高齢で認め

ギネスブックに107歳330日のの年齢で2人の日本人姉妹を世界の最高齢の生存一卵性双生児で認証しました。

この発表は、日本の祝日のパスの日と同時に行われた。

ウめスミ山姉妹と児玉小梅姉妹は1913年11月5日、日本の西小豆島島で11人兄弟の第三の第四に生まれました。

ギネスブックは声明で、9月1日付けの姉妹が日本の有名双子の姉妹である成田長い姉妹とカニエ長い姉妹が立てた107年175日、という従来の記録を更新したと発表した。

スミ山と児玉は小学校を卒業した後、別れた。 児玉は、日本南部の九州島の大分で家政婦として働くために送られた。 彼女は後にそこで結婚し、スミ山は、彼らが育った島に残って自分の家族を持ちました。

後で姉妹は大変だった子供の頃を思い出しました。 育った彼らは、日本で多胎児に対する偏見のためにいじめの対象になったと言いました。

数十年の間に、それぞれの生活の中で忙しかった姉妹は、70歳になるまでほとんど会わず88個の四国の寺院の一部を一緒に巡礼し始め再会を楽しみました。

彼らの家族はギネスブックに姉妹が年齢とユーモアで、1990年代後半にアイドルのような地位を獲得した「Kin-san、Gin-san “に愛情を込めて知られている初期の記録保持者よりも長く生きることについて、多くの場合冗談をしたました。

ギネスによると、コロナウイルス対策のために、新しい記録の証明書は、現在住んでいる別の特別養護老人ホームで郵送されSumiyamaは幸せの涙に彼女を受け入れた。

READ  政治:ニュース:読売新聞オンライン

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close