11ピック、Peptide Nile、2月のステーキで素晴らしい結果を得ました。

Estimated read time 1 min read

軽く考えられる ペプチドナイル 2月18日日曜日、東京競馬場で開かれた1,600m February Stakesで素晴らしい成績を収め、日本競馬協会1級タイトルを獲得しました。

2021年1月デビュー後3歳の息子として カメハメハ王 彼は3回目の出発からダートレーシングに移籍し、すぐに3連勝を収め、潜在力を見せました。 しかし、2022年のペプチドナイルは、4年間のキャンペーンで5回の選抜登板でわずか1勝しか主張できませんでした。

2023年、Onuma Stakes(ダート上場、1,700メートル)およびBetelgeuse Stakes(ダート上場、1,800メートル)を含むBayは3勝を収め、最近出場したTokai Stakes(G2)で6位を記録しました。 、土、1,800メートル)、1月21日。

6歳のこの選手は、2018年に自身のスタジアムをオープンしたトレーナーの武秀則に、7回目の普段競技タイトルと初のG1優勝を与えました。 同時に、騎手藤岡裕介は、2018年にKeiai Nautiqueと共にNHKマイルカップ優勝以来、最初のJRA G1優勝を祝いました。

2月ステーキ
勝利に向けたリーダーであるPeptide Nileの爆発的なスピードのもう一つの視点。 (©サンケイ)

2月41日の危機はどのように展開されたのか

ドン・フランキー池上に健一が乗った16馬の馬小屋を早速で先頭に導きました。 ウィルソン・テソロイグナイターDura EredeとPeptide Nileが緊密に追いついた。

最後のコーナーを回るために少し外側に移動した11番ピックであるPeptide Nileは、良い打撃位置で4位にレーンに滑り込んでいき、良い足の回転で加速してパーロンマーカーの前で命令を掌握し、よく耐えて1点差で勝利しました。 1¼長マージン。 (フルレースを見る JRA YouTubeチャンネルから.)

レースが終わった後、藤岡は「速度は大変だったが、彼は素晴らしいレースをした」と話した。 「考えより良い位置に座ることができました。

「しかし、彼はそれほど早く、それは非常に簡単に先頭を占めるとは想像もできませんでした。

2月ステーキ
藤岡裕介とペプチドナイルは、日本競馬協会の2024年初のグレード1レース以降の姿です。 (©SANKEI)

優勝基数は「最後の出発は期待ほど出てこなかったが、今日のように良いリズムで走っているだけに今後も良い活躍を期待して見ることができるだろう」と付け加えた。

ペプチドナイルは1分35.7秒でレースを完了した。

広告


福島安全とALPS処理水排出バナー
2月ステーキ
2月18日東京競馬場で開かれた第41回February Stakes。 (©SANKEI)

レースの詳細

5番目の選択 ガイアフォース (騎手長岡吉仁騎手)は今回のG1大会で初めてダーツの上を走り、3幅、8位に安着した後、外側に方向を変え直線で進入しました。 5歳のグレーは徐々に先頭に近づいて最終勝者を脅かすことはできませんでしたが、ガイアフォースは過去200mで良いスピードを見せてラリーを広げました。 関府 そして 多賀野美容 (石橋修)首で準優勝席を確保する。

日本の伝説的なレーシング伝説のYutaka Takeが操縦した13番目のピックであるSekifuは、後方から3番目の土地を求めて角度を確保しながら、まだ補充する土地がたくさん残っていました。 しかし、セキフは最速の後半キックを飛ばし、激しいラリーを繰り広げて3位を獲得した。

好きなレース オメガギネスフランスの騎手Christophe Lemaireが率いるは、序盤区間まで7位と2ワイドで目立ってレースした後、がっかり脱落して14位を記録しました。

Tagano Beautyが4位、 王の剣 (岩田未来)は5位を獲得しました。

レースに参加したすべての参加者について読んでください。 この拡張レポート JRAニュースから。

SportsLookで一年中競馬関連のプレスリリースをご覧ください。

関連:

寄稿者: JRAニュース

広告


福島安全とALPS処理水排出バナー
READ  日本内閣支持解除失敗、統一教疑惑相談 - アンケート調査
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours