経済

11月のイベントは明らかにされなかった未発表Apple製品の整理 – GIGAZINE



Appleは、2020年11月に配信された “もう一つ「イベントで初Apple Siliconされる “M1「チップとM1チップを搭載したMacBook AirのMac miniMacBook Proのを発表した。 このイベントで発表されるのはなかったが、Appleは、他にも魅力的な製品を開発しているとして、「未発表Apple、魅力的な製品」をApple関連メディア9to5Macが要約されています。

アップルが11月のイベントで発表していないすべてのこと-9to5Mac
https://9to5mac.com/2020/11/13/everything-apple-didnt-announce-november-event/

◆エアタグ


2019年4月9to5Macは、Appleがタイルのように忘れ物防止タグ(追跡トラッカー)の開発に取り組んでいるかどうかを、まずレポートしました。 その後2019年10月にiOS 13.2の分析結果から、Appleが開発中のトレーストレースの名称が「AirTag」であることを発見した。また、2020年4月にAppleがYouTubeで公開した動画に「AirTags」の名前が書かれているものと明らかになりました。また、Apple銀映画をすぐに削除します。

Appleは、2020年9月、10月、11月にそれぞれ伝達イベントを実施したが、最終的にはAirTagsが発表されることはありません。 したがって9to5Macは、「Apple予期しない遅延が発生している可能性がある」と記しています。

Apple関連のアナリストで有名なミンチクオ氏は、AirTagsが、2020年第3四半期に発売されると予想していたが、10月初めにApple製品のリカとして知られてジョンプロロッサ氏が「AirTagsの発売は2021年3月までに遅れた」と報道した。


他のリカのL0vetodream氏は、「AirTags 2サイズ展開で、すぐに登場するだろう」と予測した。


また、iOS 14.3ベータを分析した結果、AirTagsおよびサードパーティの追跡トラッカーを「Find My “アプリがサポートしていることも明らかにされています。

◆エアポッドスタジオ
Appleがオーバーイヤーヘッドホンを開発することも、長い間噂されてきたが、2020年3月にはiOS 14ベータのソースコードの中にAirPods Studioに見えるもののアイコンが含まれているかどうかが報道しました。


2020年5月には、AirPods Studioは、「ヘッドフォンを頭にある首にいるかどうかを検出することができるセンサー」を統合して、曲の再生・一時停止機能を検出することができるようになること、他にも「左右の耳を検出して、オーディオチャンネルを自動的にルーティングする機能」や、アクティブノイズキャンセル機能、外部の音をキャプチャモードなどが搭載されると報道されました。

Apple純正ヘッドホン「AirPods Studio」は、2020年後半に登場か – GIGAZINE


また、同時期にプロロッサさんはAirPods Studioが349ドル(約3万7000円)になると予測しています。


2020年9月には、他のリカがAirPods Studioのスポーツタイプの存在をリーク。 「回転する楕円形のイヤーカップと薄い金属型の腕に接続されたヘッドバンドを備えたレトロな外観」であり、これは2020年4月Bloombergが報じた内容と一致しています。


その後2020年10月Bloombergは、ヘッドバンド部分の生産が大幅に遅れますのでAirPods Studioの発売も遅れることになるとプレスています。

また、AirPods Studioのように見えるアイコンがiOS 14.3ベータでも発見されています。


◆Apple TV


Apple TVの最新バージョンは、「Apple TV 4K」で2017年に発売されたものです。コアは、A10X Fusionを採用しており、発売から3年が経過しています。2020年2月には、A12またはA13チップを搭載した新しいApple TVの存在が報道されてており、2020年8月にはBloombergも新しいApple TVの存在をプレスています。

しかし、最終的には、新型Apple TVが発表されたのはありません。代わりにAppleは新しいスマートスピーカーHomePod miniを発表しています。

それでもApple TVがAmazonのFire TV同じ競合製品に勝つために「非常に役立つ」と9to5Macは記録しています。

◆フィットネス+


Appleは、2020年9月に新しいサブスクリプションの計画」Apple One」を発表した。このうちAppleは「Fitness +」を発表した。 Fitness +はiPhoneやiPad、Apple TVなど希望の運動を選択再生できるサービス。 Fitness +ユーザーに運動を指導してくれる世界のトップトレーナーですが、最終的には詳細については明らかにされていないまま。

月額1100円でApple MusicまたはApple TV +を楽しむことができる非常に有益なサブスクリプションの計画」Apple One」を発表 – GIGAZINE


また、Fitness +詳細については、明らかになっていないが、Appleは、年末までに正式サービスを開始していたため、今後数週間のうちにFitness +詳細が明らかになる可能性があります。

◆16インチMacBook ProとiMac
2020年11月に発表されたM1チップを搭載したMacはMacBook Air、MacBook Pro、Mac mini歳。 発表されたMacBook Proのディスプレイサイズは13インチで、より表示サイズが大きい」M1搭載の16インチMacBook Pro」をAppleは生産すること。 しかし、BloombergがM1搭載の16インチMacBook Proは、生産が別のMacよりもはるかに遅くていると報道しています。 また、クオ氏とL0vetodream氏が14インチと16インチのMacBook Proを2021年初めに発売されると予測していますので、M1搭載の16インチMacBook Proが今後発表される可能性は十分にあるかのように考えています。

また、郭氏は、M1搭載のiMacが2021年第1四半期に発売され予測。 これを裏付けるように、Bloombergは、Appleが新しいiMac開発していると報道しています。

この記事のタイトルとURLをコピー

READ  「プッシュ株式」韓国BTS週4日半額に100万円が50万円になっても、「投資と愛」は両立するか(山崎俊輔) - 個人 - Yahoo!ニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close