エンターテインメント

11歳差の同級生!佐藤健、GACKT、坂口健太郎…とんでもない配役に疑問の声 – まいじつ

(C)まいじつ

10月10日から放送を開始したドラマ’35歳の少女」(日本TV系)のキャスティングミスが大きな話題になっている。

問題は、39歳の柴咲コウと29歳の坂口健太郎が同級生役で出演していること。 両方の “35歳”でドラマに登場して、それぞれ単独で見ると、駅実際の年齢差はそれほど大きくないように思える。 しかし、二人が並んで書かれた、やはり同級生役は無理がある声が多い。ネット上には、

「なぜ柴咲コウの同級生役を坂口健太郎しました…ヒゲ育てても無理よ…」
「もうちょい年近い人いなかったよ〜」
「柴咲コウと坂口健太郎が同級生設定ちょっと難しい感じだ…」

という意見が多く上がっている。 しかし、この程度ならまだましだする。 これまで、実際の年齢と逆の年齢が離れすぎていた例を紹介する。

45歳から18歳の高校生を演じたのは…

まず俳優窪田正孝。 17年7月期のドラマ「私たちはそれをやった」(フジTV系)で、当時29歳の久保田が高校2年生役を演じたのだ。 この作品では、幼なじみの女子高生役を長野芽郁が演じていたが、彼女は当時18歳。 実に11歳差の同級生役であった。

長野はその後、18年の電気の朝ドラマ「半青い」(NHK)でヒロインに抜擢されたが、ここでも同級生役が10個で佐藤健で視聴者は

「佐藤健は少し無理が​​あるような気がする。同級生だから、より年齢をアクセスした新鮮な感じている俳優で良かった」
「佐藤健と長野芽郁が同い年というのは、やはりどう….高校時代の同級生で老けおじさんの顔のおやつやていたが “
「さすがに少し難しいと思い “

のような音が高まっていた。

そして、最近のヒット作の役割と実際の年齢が特に離れていたのは、映画「翔んし、埼玉」に出演したGACKTある。 当時45歳のGACKTが18歳の高校生役を演じたのだ。 ここでは、GACKT本人も「「バトルロワイヤル」という作品で、山本太郎が20代後半や30歳くらいで高校生役をしていることを見て、「何をしているのですか? 」と思ったが、私も「何をしているのだろう」と」など自虐している。

しかし、ギャグ展開で特に年齢が瞳孔と関係ないキャラクターだったので、違和感のないどころかスーパー匹役と賞賛を受けた。 その年の日本アカデミー賞授賞式で「優秀主演男優賞」を受賞している。

最終的には実際の年齢が瞳孔よりもどのように見えるかが重要なようだ。

[함께 읽고 싶은]

READ  SIE「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales」などPS5のための4タイトルの早期購入特典などを公開。予約注文受付が本日開始

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close