トップニュース

12個の日本企業、ウイグル強制労働関連事業の取引停止

日本の12の主要企業が中国のグクソ腎臓地域で少数のイスラム教徒ウイグル族の強制労働に利益を受けたこと明らかになった中国企業との取引を中止する方針を策定したと共同通信が日曜日明らかにした。

米国と英国が自治地域で生産された綿花やその他の製品の輸入制限を課した後、サプライチェーンでのこのような人権侵害に対してアクションを取るという圧力が日本企業に加えられています。

人々が2019年12月22日、香港で開かれたウイグル人に対する中国の人権侵害の疑いを非難する集会に参加します。 (教徒)==教徒

同様の制裁を遅らせるという批判を受けてきた日本政府は、中国を刺激するかと思っオリョヘイ問題を受動的に解決してきた。

昨年のレポートで、オーストラリアの戦略政策研究所は、80以上のグローバル企業が「暴力的な労働転勤プログラムを介して腎臓外部のウイグルスタッフを使用することにより、直接または間接的に恩恵を受けている」ことを確認しました。 共同通信は最近シンクタンクが言及した14個の日本企業への対応計画を尋ねた。

コメントを拒否したパナソニックを除き、すべての企業は、強制労働の恩恵が疑われる企業との直接の取引を拒否したり、ベンダーの請求を確認することができないと述べた。

今後ポリシーの観点から、12社は強制労働を使用することで明らかになったパートナーとの取引を中止または中断すると答えた。

強制労働の疑いがある企業やライセンス契約を結んだ東芝の主張を確認していなかったが、年末までに事業を終了することを決定したと発表した。

12社は、Uniqloカジュアル衣類ブランド運営会社であるFast Retailing Co.、Sony Corp. とHitachi Ltd.も含まれます。

多くの外国企業が企業自体の人権状況に対する独自の報告に依存するため、直接的なビジネスパートナーを越えて状況を把握する必要がある課題に直面しています。

Mujiブランド商品の店舗チェーン運営会社であるRyohin Keikaku Co.は、現在、米国政府の禁輸措置を受けている中国企業またはその企業の親会社との取引することが判明し、日本の3つの企業の一つです。

「私たちのすべての面と糸第三者によって国際的に有機認定を受けました。」

この小売業者は、公式ウェブサイトでは、製品名の一部として「身長綿」を含む様々な製品を販売したが、共同通信の調査に基づいて削除されました。

READ  三井火が東京ドームにTOB実施で最終調整1000億円規模 - 関係者 - Bloomberg

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close