1,200トンの死んだ魚が日本で洗い流されたが、福島は責任がないと当局は言った。

Estimated read time 1 min read

約1,200トンの魚が日本海岸に沿って海岸に押し寄せてきました。 原因はまだ調査中であるが、当局は最近、福島原発の水の放出に関連しているという陰謀論を緩和するために努力した。

12月7日以降、膨大な量の死んだイワシとサバが日本最北端島の函館市の海岸線に沿って押されてきたそうです。 朝日新聞

約900km離れた日本中部島のナキリ漁港で12月13日頃、もうひとつの膨大な量の日本鱗イワシやサパが死んだまま発見されました。 毎日新聞 レポート。

ナキリで25年間働いてきたある漁師は、新聞に「以前はこんなことを見たことがない」と話した。 彼は「ナキリでサパを捕まえ始めたのは昨年ごろからだ。 海洋生態系が変化していることを実感させる」と付け加えた。

北海道研究機構の研究者らは、急激な水温変化や魚群れがイルカなど捕食者から逃げると、このような大量の弊社が発生する可能性があると説明したという。 しかし、異例の死の理由は完全には明らかにされていません。

イギリスのタブロイド版メールオンライン(Mail Online)は、今回の事件が「福島原発で処理された放射性水の放出が地域の生態系に大きな被害を与えたという推測を促した」とこの事件を報道しました。 ソーシャルメディアにも同様の主張がたくさん掲載されています。

去る8月、日本は福島原発事故で処理された放射性水を30年にわたって太平洋に放流するという議論の余地がある計画を推進した。

しかし、日本当局は、福島廃水に責任があると信じる理由がないと主張する。

函館水産庁は「水質調査の結果以上は発見されなかった」と明らかにした。 科学的証拠に基づいていない情報が拡散することを懸念している」と日本メディアは伝えた。

放射性排水を海に放出する計画は、日本や海外の多くの人々を心配させました。 中国と韓国はそうだった。 非常に重要です プロポーザルを提出すると同時に環境NGO グリーンピース 原発所有者が「太平洋をゴミ場として利用する」と非難した。

しかし、水は世界保健機関(WHO)が課した規制限度よりはるかに低いほど広く処理され希釈されています。 放射性同位元素の場合、水を飲むことは技術的に安全です(淡水ではなく海水であることを無視すると)。

日本の岸田文雄首相は、恐怖を落ち着かせるために次のように語った。 刺身も食べました 福島沖で獲れた魚で作ったものです。 はい、Mr Burnsが最初のエピソードで3つの目の魚を食べたようです。 シンプソン。 アーティストはどのようにいつもこのようなとんでもない予測を導きますか?

READ  科学者たちは遺伝的突然変異を支配する隠された数学を発見
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours