14歳の山口サラが最終決勝進出者であり、全国スターダムに上がる直前です。

1 min read

彼女の15歳の誕生日の8日前、 山口サラ 日本最高の女子体操選手になる直前です。

山口選手が女子予選で1位を獲得しました。 全日本オールアラウンド選手権 4月20日木曜日(4月20日)東京で パリ2024 チーム。

山口は4つのイベントで54.566点を記録しました。 彼女は現世界チャンピオンを抜いて平均隊(14.200)で1位を占めました。 渡辺葉月全2位(53.598)。

All-Japansは 世界機械体操選手権大会 今秋アントワープで。

山口は「私はメダルに従うべき位置にいる」と話した。 「一部の人々は、頂上付近を通過すると圧迫感に崩れると思います。 私はそれらの一つではないことを願っています。

「ただそうでした。 しかし、明日はモーレにそれがファンの閃光ではないことを証明でき、私ができる限り最善を尽くすことを願っています。

「私のモットーは「話す」です。 今日お見せすることができてよかったです。」

昨年、山口は国家機関の決勝でビームとフロア部門で優勝しましたが、年齢制限のためリバプールで開催される世界選手権では出場できませんでした。

今月初め、このティーンエイジャーは、試合前日に熱があったにもかかわらず、トルコで開催されたジュニア世界選手権大会で銀メダルを獲得しました。 山口は誤って公演を乱したと言った。

All-Japansに対する彼女の目標は、最初のグループで競争することでしたが、彼女は多くを管理しました。

女子決勝戦は土曜日にある。

「世界の後輩たちの後にはうまくいかないことが多かったです。 しかし、今回の大会のためにようやく選択し、仕事が成果をあげていることを嬉しく思います。」と山口氏は言いました。

「間違いにもかかわらず、世界ジュニア大会でメダルを取って自信があふれました。

「明日は、私が今日間違ったことを反省し、決勝でうまくやってほしい。 他人に気を使わないでください。

金曜日には男子オリンピックと世界チャンピオンが登場します。 橋本大樹 予選で。

READ  JETRO、アメリカプレミアアクセラレータとのパートナーシップを締結
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours