経済

140カ国以上、ロシア戦争による展望の下方修正:IMF

クリスタリナ・ゲオルギーバ国際通貨基金(IMF)総裁は、木曜日、ロシアのウクライナ侵攻により、140以上の経済が経済展望が下方修正されていると述べた。

来週、IMFと世界銀行の春の会議に先んじてスピーチで、Georgievaはまた、インフレが数年で初めて多くの国に「明白で現在のリスク」となったグローバル回復」

国際通貨基金(IMF)常務理事クリスタリナ・ゲオルギーバ。 (ゲッティ/刑務所)

彼女は、ほとんどの国で経済成長が肯定的な領域にとどまると予想できるが、戦争の影響は世界国内総生産の86%を占める143カ国の2022年の下方修正に寄与すると述べた。

彼女は、IMFが2022年と2023年の両方で予想される世界成長を縮小すると予想される主要世界経済展望報告書を火曜日に発表する予定だと述べた。

IMFがコロナ19ファンデミックに関連する供給支障とインフレが米国と中国に負担を与え、2022年の世界成長率の見通しを10月の予想から4.4%に0.5%ポイント下げた1月からさらに下方修正される。

IMF総裁は1月以降の展望が「ほとんどの戦争とその余波によって大きく悪化した」と話した。

彼女は、インフレ、金融緊縮、中国の頻繁かつ広範なCOVID-19の閉鎖が、グローバルサプライチェーンに新しいボトルネックを引き起こし、経済活動に負担をかけていると述べた。

彼女は食糧不安定が「深刻な懸念」であると付け加え、多国間イニシアチブによる即時の措置を促した。

2月末に始まった戦争の前に、ロシアとウクライナは世界小麦輸出の28%を提供しました。 IMFによると、ロシアとモスクワの軍事的侵略を支援しているベラルーシは、主要肥料であるカリウム輸出の40%を供給した。

しかし、穀物とトウモロコシの価格が高騰しており、アフリカと中東諸国は供給が不足していると警告しているとGeorgievaは語った。

「先進経済の場合、インフレはすでに40年間で最高水準に達しています。そして、私たちは今までに予想したよりも長い間高い水準を維持すると予想しています」と彼女は言いました。


関連する適用範囲:

IMF、日本の2022年の成長率見通しを2.4%に下げ、戦争リスク警告

IMF、ロシア侵攻への4月の世界成長率の見通し

日本はIMFへの経済報告から石炭への言及を削除しました


READ  日本、米国など106カ国コロナ19入国禁止解除

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close