理科

143年ぶりに日本初、地域新発見の名前を冠した新しい水陸両用ムカデ

沖縄と台湾で地域の神の名前を冠した新しい種の大規模な水陸両用ムカデが見つかりました。 ムカデの長さは20cm(7.9インチ)、幅はほぼ20cm(7.9インチ)です。 143年ぶりに日本で発見された最初の新ムカデであり、世界で3番目に発見されたムカデです。

によると、 独立した研究者は、生物多様性琉球列島の森の中で淡水エビを攻撃する未確認ムカデの報告を受けた後、ムカデの初めて知りました。

東京都大学のショー塚本は法政大学のシマノ聡教授を含む科学者チームと協力して、ハチョンガ生息地で、名前のないムカデを見つけ識別した。

しかし、ムカデは、彼らの期待を超えました。 日本と台湾で発見された全く新しい紙者の最大のムカデ種でした。

(写真:Pixabay)
143年ぶりに日本で初めて現地の神の名前を冠した新しい水陸両用ムカデ発見

地域神の名前を冠した大きなムカデ

Scolopendra 現代分類学の父であるCarl Linnaeusが命名した元の中の一つである巨大な熱帯ムカデです。 世界の熱帯地域から約100種発見され、その中の5種は、日本と台湾で確認された。

遺伝分析を通じて、最近発見された新しい紙の前に知られているものとは異なることが確認された。 Scolopendra その地域に住んでいる EurekAlert!

それは美しい水色の皮を持っています。 スコロペンドラアルキオナ 塚本&シマノはゼウスがカワセミに変身したギリシャ神話の人物アルシオーネ以来。

日本語では ryujin-ômukade、 また、それが発見された場所を称えるために神話的な起源を持っています。 現地の神話によると、ドラゴン新 Ryujin ムカデが耳に入ってきて、後者が前者を飲み込むのを見てムカデと鶏の両方を恐れていたので、苦しくています。

琉球王国の統治期間中に船員は船に鶏を塗り、ムカデ旗を聞い龍神の間で恐怖を呼び起こし、彼らの安全海を渡ってようでした。

また、お読みください:シンガポール淡水湿地で発見された新しいホタル種; 1909年以来、初の発見

科学者は、ムカデが発見された地域のような河川環境を好み、両生類の特性を示したことを発見した。 そのため、研究者は、それが第三の水陸両用と思います。 Scolopendra 神は、 SciTech Daily 見ました。

彼らは、新しい水陸両用ムカデが今までではなく、長年にわたって発見されなかったという点を勘案すると、琉球諸島の未開拓の生物多様性の多くを発見しなければならないと指摘しました。 森は、現在、人々が行かない河川に生息しており、チームはそれらを保護するために安全な距離から続けて、監視、および研究することを希望します。

最初の水陸両用ムカデ

地理的国家 2016年に最初の水陸両用ムカデが東南アジアで発見され、そこでのみ生きていることを報告しました。 それは大きなムカデグループに属しています Scolopendra 最近発見された水陸両用ムカデのように最大20cm(7.9インチ)まで成長することができます。

すべてのムカデと同様に、毒あり肉食だが、一度水気が死ぬことはないが、痛みを伴う痛みを与えるだけです。 科学者たちはこの種の名前を Scolopendra白内障、「滝」を意味するラテン語の。

彼らは誰かの最悪の悪夢のように聞こえるかもしれないが、科学者たちは、この種の発見が人類に知られている他の種を発見するためにドアを開けたと信じていました。

関連記事:古代ムカデが地球を歩く最初の動物になることができるとの研究によると、

Science Timesの昆虫のためのより多くのニュースや情報を確認してください。

READ  芝浦工業大学で化学エネルギーのみで駆動するゲルポンプの実用性を実証| fabcross

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close