17歳の平井宏氏が、日本オリンピック評価前の初日予選で57.23 100のフライを記録しました。

Estimated read time 1 min read

2024年日本オリンピック裁判

2024年の日本オリンピック裁判の最初の予選セッションが本に盛り込まれました。 女子100mの接合、男子100mの平泳ぎ、女子400mの手描き、男子400mの手描き、男子50mの背泳ぎの予選がすべて行われ、一部の速いマーカーはすでに投げられている。

17歳 平井みずき 女子100mフライのすべての予選戦で先頭を走る個人最高記録を57時23分に記録しました。 終戦最高記録は58秒03で昨年12月日本オープンで新記録を立てた。 平井は9月、世界ジュニア選手権大会で58秒35の記録で銅メダルを獲得しました。 平井の予備水泳はまた、日本水泳連盟のパリ予選時間である57秒34を短縮しました。

池江理香子 今朝も58秒を破り、57.54秒というかなりの努力を記録しました。 Ikeeの記録は、白血病と戦ってスポーツに戻った後の最速の記録です。 これは短距離訓練を受ける短距離選手にとって有望なニュースです。 マイケルボール オーストラリアで。 Ikeeは2018年ファンパシフィック選手権で金メダルを獲得する途中で記録した56秒08の最高記録で、この大会の日本記録保有者です。

Ikeeは先月オーストラリアで開催されたVictorian Open Championshipsコンテストで競い合いました。 エマ・マッキオン 50プライ(25.84)を獲得する途中。 彼女はまた、50mフリーフォームで25秒51、100mフリーフォームで55.45秒、100mフライで58.40秒を記録しました。 今朝の彼女の記録は、先月の100メートル飛行記録よりも約1秒速いです。

相馬決勝戦が開かれると、リーダーになる57.84点を記録し、3位に準決勝に進出しました。 彼女は2023年全国選手権大会で57秒42の最高記録を保有しています。 相馬は9月アジアゲームで57秒57の記録で銀メダルを獲得しました。

谷口拓 予選期間中、最速の男子100m平営選手で、59秒82を記録しました。 22歳の東京大学代表は、去る9月に掲示したこの大会で59.72秒の速いスピードを記録しました。 昇る星 大和深沢 また、今朝59.94で1時障壁を破った。 深沢は先月200m平営で2分07秒07の記録を立て、今週も熾烈な競争を繰り広げる分野の一つとなります。

渡辺一平以前に200の胸の世界記録を保有していたは予選記録1分0秒15で3位で決勝に進出しました。 彼は今回の100mスプリントで59秒52の最高記録を保有しているが、彼のキャリア中に200mをさらに記録したかった。 花ぐるまゆ2023年全国選手権大会で銀メダルを獲得した銀は1分0秒27の壁にぶつかりました。

わかこぼり 女子400個自由予選で4分08秒72の記録で予選1位に上がりました。 彼女の最高記録は4分5秒57で東京オリンピックホームグラウンドで記録された。 4:10の障壁を破った唯一の競争相手は 難波みゆ、4分9秒46に壁に手を置いた。 コボリと同様に、なんばも以前は4分5秒のエリアで泳いだことがあり、最高記録は4分5秒25です。 オリンピック停泊に必要な時間は4時5分34秒なので、両方とも今夜個人最高記録に挑戦しなければなりません。

男子400フリーゲームでは 大崎健太 最速の時間(3分50秒33)で自分の存在を知らせたが 西川あさき (3:50.41)そして イモトイッキー (3:50.55)その後をきちんと追いかけてください。 日本のオリンピック基準が3分45秒85にあるので、彼らはすべて今夜かなりの時間を短縮する必要があります。

男子50秒のバックアクションでは、19人の選手が26秒の限界点を下回りました。 松山リク 25.12で全予選1位を占めました。 松山は最近100mの背泳ぎ(53.84)の距離で伝説を上回る最高記録を立てました。 入江涼介 最近の北島コスケカップで。 36歳の国家記録保有者、 鼻がくれ (25.64)、午前中4回目で速い時間を泳ぎました。

女子100mフライと男子100m胸種目はこの日午後準決勝を行い、400m走り決勝戦はわずか数時間後に行われる予定だ。 50番バックは準決勝を負いません。 日本の水泳連盟が代わりに決勝戦まで直行方式で進行することを決めたからです。

READ  EPCOT日本館の最高と最悪
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours