エンターテインメント

1923年殺人の「暗い歴史」を照明した監督

1923年関東大震災以降、根拠のない噂が広がった後、残酷に殺害された日本行商人の実話をもとにした有名なドキュメンタリー映画監督の森達也の最初のドラマの撮影が今月に終わります。

井浦荒田、田中玲奈主演の「福田村地獄」(仮題)は、大地震100周年となる2023年に公開予定です。

監督は日本の否定的な歴史を公正に描かなければならないという負担感を感じたと話した。

彼は「現代日本には否定的な歴史を無視する傾向が強く大きくなっていると思う」と話した。 「しかし、私は人々が自分の間違いを思い出しながら育つと信じています」

この映画は、封建時代の追放者たちの子孫が住む朝鮮族やブラク共同体に対する差別など、暗い問題を深く掘り下げる。

地震発生5日後の1923年9月6日現在、千葉県野田の一部となった福田村でブラク共同体の露店上9人が殺害されました。

そこで薬を売っていた香川県の行商人グループは、地域の自警団によって残酷に殺害されました。

映画は、加害者の日常を詳細に追跡し、虐殺まで続くプロセスを示しています。

66歳の森は、ドキュメンタリー映画「A」と「A2」で同様のアプローチをとりました。 彼は加害者の観点から事件を調査するために、1995年に東京地下鉄システムへのサリンガス攻撃に責任があるオムジン理教の終末論者に焦点を当てました。

「私を驚かせたのは、彼らがすべて優しくて穏やかな人々でした」と彼は言いました。 「人々が冷血して残酷なことをするのではないということを伝えたいです。」

しかし映画は簡単に落ちなかった。

製作陣は最初に資金調達に困難を経験した。 だがクラウドファンディングを通じて製作費の半分水準である3500万円を募金して撮影に成功した。

障害物はそれだけではありませんでした。

日本では、芸能企画会社やその他のエンターテイメント会社で、しばしば強い社会的メッセージを収めた映画に自分の俳優が出演するのを嫌がっています。

しかし、多くの有名俳優が「福田村技術」に登場します。

田中は「「もちろん、やりましょう」と気軽に言える映画ではないと思っていたので、長い間悩んだ」と話した。 続いて「これまでロシアがウクライナを侵攻して自分の安全が保障されない世界に住んでいるという考えをさせ、(ロシアの侵攻と福田村事件の)類似点を発見してそこに出演することにした」と話した。

イウラは、レッドアーミー、沖縄県の日本帰還、作家三島由紀夫の自殺など、社会主題を扱う多くの映画に出演した。

彼は「この映画は、私の体と魂をほこりで変えなければならない作品になると思うが、私はすでにそれに免疫だ」と話した。 「森監督が福田村で起こった出来事を映画にしているのを見るのは私にとってとても大事なことです。

主な撮影は8月20日に始まりました。

撮影は京都と滋賀県を中心に9月中旬まで続く。

総括プロデューサー小林三郎が海外映画祭に出品したいと話した。

READ  スカーレット・ヨハンソンは言うとき「自己認識」が不足していると認めています - Marin Independent Journal

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close