トップニュース

1936年のオリンピックで、日本は輝いていた。 200平泳ぎはスタイルの衝突だった

1936年のオリンピックで、日本は繁栄しました。 200平泳ぎはスタイルの衝突であった(ビデオ)

オリンピック開催国が団結強い姿を見せるのはよくあることだ。 様々なスポーツ連盟は、本土からの卓越性にかなりの重点を置いており、この目標は、プレーヤーのためのかなりのリソースの投資によって促進されます。 したがって、日本が今後2020年のメダルテーブルで上位を占めている場合 東京オリンピック 過去のゲームよりも驚くべきことではありません。

日本が特にプールで何を生産することができるか待っている間旭日の土地のハイライトの一つを再確認してみましょう。 20世紀前半の日本は水泳強国であり、1936年のベルリン五輪で日本男子水泳選手は金メダル3個、銀メダル2個、銅メダル5個を記録した。 その間に、 Hideko Maehata 女子200平泳ぎチャンピオンだった。

男200平泳ぎでは、日本が Tetsuo HamuroReizo Koike ドイツが金メダルと銅メダルをそれぞれ占めた。 アーウィン時にス 銀メダル獲得。 ナチス独裁アドルフ・ヒトラーがその行動を目撃しながら、200回平泳ぎは、混合されたスタイルを特徴としており、一部の選手は、伝統的な平泳ぎを固守し、残りは4位を獲得した。 ジョン・ヒギンズ (米国)バタフライのストロークを使用します。 平泳ぎとバタフライが他の種目に分離されたのは、20年が過ぎました。

以下は、1936年ベルリン五輪平泳ぎ200回試合を強調した国際水泳殿堂アーカイブからの抜粋したものです。

READ  ゆうちょ銀行」mijica」サイトへの不正アクセス、個人情報の流出かどうか - NHK NEWS WEB

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close