1945年、米国により核攻撃を受けた日本、長崎をアップグレードし防御力を強化するため、15の異なる空港、中国に対応

Estimated read time 1 min read


日本は軍事緊急時、国防軍と海岸警備隊が活用できるように港や空港を指定するなど、全国的に重要なインフラをアップグレードする準備をしています。 この計画には、長崎を含む全国16の港と空港への実質的なアップグレードと改善が含まれます。

世界最大120の軍事基地にもかかわらず、日本は中国の脅威が大きくなる中、米国の駐屯に不満を抱いている。

長崎県大村湾沿岸に位置する長崎空港は、第二次世界大戦末期に破壊的な核爆弾を受けました。

[1945年8月9日、アメリカは広島原子爆弾投下3日後に長崎に「FatMan」という原子爆弾を投下した。[1945년8월9일미국은히로시마원자폭탄투하3일만에나가사키에'팻맨(FatMan)'이라는원자폭탄을투하했다1945년나가사키원자폭탄으로인한황폐화이후이도시는오랜재건과정을거쳤습니다

再建努力の一環として、地域の交通と接続を容易にするために、長崎空港は前後に建設されました。 空港は、地域の接続性を回復し、回復を支援することを目的とする重要なインフラプロジェクトの役割を果たしました。

これらのアップグレードは、これらの施設を自然災害からセキュリティ緊急事態に至るまで、さまざまなシナリオで効果的に危機管理と支援を提供できる緊急ハブに切り替えることを目的としています。

開発、 報告済み 日本メディアは、消息筋を引用して、特に遠く離れた南西の島周辺で日本の防御能力を強化するための戦略を説明します。

報道によると、那覇空港や長崎空港をはじめ、アップグレード対象に指定された16の商業施設のほぼ半分が戦略的に沖縄県や九州南西部本島に位置しているそうです。

今後の関係大臣会議で承認されると予想される提案された計画は、4月に開始される次の会計年度にプロジェクトが開始される可能性のある足場を提供します。 初期段階では、軍用航空機と船舶を収容できるインフラを強化することに重点を置いて、約350億円(2億3千万ドル)の予算が割り当てられると予想されます。

主な改善点には、戦闘機と輸送機の作戦を容易にするために、指定された空港に長い滑走路とエプロンを建設することが含まれます。 同様に、港は海洋防衛にとって重要な駆逐艦のような大型船を収容するために改造されます。

この計画は、2022年に承認された日本の国家安全保障戦略と一致しています。 この戦略は、自国民を保護し、緊急事態に対処するために、自衛隊と日本の海岸警備隊が迅速に対応できるように公共インフラを強化する必要性を強調します。

アップグレードを通じて物流、観光、災害対応能力の強化など地域社会に付随的な恩恵を提供する準備ができていますが、緊急時の武装攻撃に対するこうした現場の潜在的な脆弱性に対する懸念は依然として残っています。

戦略的重要性に加えて、指定された施設では自衛隊と海岸警備隊が実施する軍事訓練が行われる予定だ。

国防軍と沿岸警備隊の活用を定式化するために指定された場所を管理する地方政府は中央政府と協約を結び、日常的な作戦と緊急配置のためのプロトコルを簡単に説明します。

選ばれた5つの空港は、福岡、長崎、宮崎、沖縄など4つの県に分散しており、11の港は北海道、香川、高知、福岡県に戦略的に位置しています。 これは、さまざまな地域にわたって国防能力を強化する日本の努力を強調しています。

アメリカ - 日本
ファイル:ジョーバイデンアメリカ大統領と岸田文夫日本首相

日本、防衛アップグレードのための主な位置範囲を絞り込む

地域内の緊張が高まっている中で、日本の防衛インフラを強化するための積極的な措置は、進化する地政学的力学の中で安全と安定性を維持するための共同の努力を意味します。

この16の位置を最終決定することにした決定は、広範な審議と現地承認を経て行われました。 政府は当初、2022年に設立された国家安全保障戦略の一環として、潜在的なアップグレードが可能な約30の施設を特定しました。

このリストは、その後、さまざまな基準に基づいて絞り込まれ、地元の同意が選択プロセスの重要な要素でした。 特に重要なのは、那覇空港と石垣港がともに地政学的緊張に満ちた台湾海峡に隣接していることだ。

当局は、これらの位置の戦略的重要性を認識し、改善のために指定された位置にその位置を優先的に含めた。

しかし、沖縄県内の他の様々な空港や港湾も検討中だったが、地域内の国防基地集中に対する現地反発で最終除外された。

ファイル:石垣港2.jpg - ウィキメディア共用
石垣港 – Wikimedia Commons

このような発展は、特に海洋領土に対する中国の独断的な立場と台湾を取り巻く緊張が高まるなど、地域の安定に対する懸念が高まっている中で行われました。

最近、日本は特に尖閣列島を取り巻く緊張が高まる中、南西の孤島で防衛力を強化しています。 東シナ海にある東京の統制下にあるこの無人島は、中国が領有権を主張し、中国は大王(Diaoyu)と呼びます。

また、日本は中国が自国の領土とみなす台湾に関連する偶発事態の可能性について大きく懸念しています。 日本が米国と緊密な安全保障パートナーシップを結んでいる状況では、台湾が南西部の領土に近いため、日本は不安です。

このような懸念の中で日本は同盟国、特に米国との軍事協力を強化している。 岸田文夫日本首相 予定 彼は4月10日、ワシントンでジョーバイデン米国大統領に会って国防能力に関する重要な発表をすることが予想される。

ロシアのMiG-31戦闘機のためのF-16の「座ったアヒル」か。 プーチン大統領、毎狩りによる結果の警告

今回の会談は、岸田首相が国賓資格で米国を訪問するという点で意味が大きい。 日本指導者の防米は、2015年の安倍晋三以来初めてだ。

岸田とバイデンの議論は、特に地域の挑戦と東アジアの安定に対する共通の懸念に直面して、日本と米国の間の長年の安保同盟を強化することに焦点を当てるものと予想される。

READ  ラム・イマニュアル駐日米大使が中国の不気味なツイートで注目を集めている。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours