1954年原作の「日本的精神性」を追求した新作ゴジラ監督

Estimated read time 1 min read

東京 – 核兵器から生まれた悪夢のような放射線を放つモンスターであるゴジラという、いくつかのハリウッドのリメイク作品を含む多くの映画に登場しました。

ホンダ石郎が監督したその古典で、男はゴム服の中で汗を流して都市のミニチュアを踏みつけ、誤って太平洋の核実験で放射線によって命を得た先史時代の生き物についての話を聞かせます。 <고질라 마이너스 원>のモンスターはすべてコンピュータグラフィックです。

脚本を書いてコンピュータ特殊効果を監督した山崎は「原作ゴジラが好きで、その精神に忠実で、戦争と核兵器問題に対処しなければならないと感じました」と話しました。

「日本には「タタリガミ」という概念があります。 良い神も悪い神もあります。 ゴジラというクラスはモンスターだが、クラスは神でもある。

彼はAP通信とのインタビューで、まるで祈りだけがモンスターを殺そうとするのではなく、祈りだけがモンスターを落ち着かせたり止めることができるように「静かにしなければならない」と話した。

第二次世界大戦で日本が降伏した直後を背景にした山崎の演出は、原作より先に戦争で荒廃し、ゴジラと戦う武器はどこも何も残っていない国を描写します。

したがって、その到着はすべてをマイナス、つまりマイナス領域に戻します。

上木龍之介は戦争で生き残り、家族を失った兵士がゴジラと対決する英雄を描いています。

モンスターの細かい描写は、山崎を含む東京を拠点とする白木デジタル特殊効果チームの作品です。 恐ろしく現実的に見えるゴジラが悲鳴を上げて逃げる群衆に衝突し、その巨大な尾が建物を一瞬にわたって吹き飛ばし、こぼれた肌が照射された火種のように輝き、うなり声があなたの顔に直接届きます。

一部のゴジラ愛好家は、ハリウッドが日本で知られている「ゴジラ」を必然的に致命的な自然災害のように誤って描写していましたが、核の角度が中心だと思います。

すぐに笑う優しい男の山崎は、自分がハリウッド映画の特殊効果が好きだと強調し、ガレス・エドワーズの2014年映画ゴジラの熱烈なファンだと付け加えました。

これは、安野秀明と樋口真司監督が演出した日本の最後の高品質ライン2016年「新ゴジラ」にインスピレーションを与えるのに役立ちました。 東宝スタジオは2004年以来ゴジラ映画を作りませんでした。

有名作家の伊丹鋳造と共に作業した山崎は、1950年代を背景にした温かい家族ドラマ「オールウェイズ-3番街の夕焼け」と日本戦闘機パイロットを手掛けた「永遠のゼロ」で日本のオスカー賞を受賞した。

彼は別のゴジラ映画を作る準備ができています。 しかし、彼が本当に作りたいのは「スターウォーズ」映画だ。

幼い頃に彼が映画制作に関心を持つようになったのは、スティーブン・スピルバーグの「第3種の近接遭遇」でした。 彼は映画に魅了され、話を止めることができなかったと思い出しました。

ジョージ・ルーカスとSF映画のもう一つの人気作家が作ったフランチャイズ「スターウォーズ」は、多くのアジアテーマを呼び起こし、彼を続編の完璧な監督にしたと山崎は言いました。

彼は「非常に特別でユニークな「スターウォーズ」を作ることができると確信している」と話した。

___

影山ゆりはX(旧ツイッター)にあります https://twitter.com/yurikageyama

READ  ハリーとミーガンのオプラのインタビューは、将来王室関係の定義
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours