1954年日本ミステリー映画復元のためのクラウドファンディング開始

1 min read

日本のある映画会社が、人気フィクション探偵銀台コスケが出演した1954年映画を復元するための資金を集めるためにクラウドファンディングキャンペーンを開始しました。

悪魔が来て笛を吹いたという意味の映画『悪魔が北立後大福』キャンペーンが月曜日から始まった。 その映画は何十年も失われました。

東京の新学社大学の山口忠義教授は去る1月に16ミリフィルムを発見した。 映画は制作会社の東映に寄贈されました。

同社はすでに損傷を受け、歪んだフィルムを修復し始めています。 復元費用は400万円、つまり25,500ドル以上がかかると推定されます。

同社は1,954,427円、つまり約12,500ドルを募金できることを希望すると明らかにしました。 目標は、映画の最初の公開日である1954年4月27日以降に設定されました。

この映画は、人気作家の横見城聖(Yokomizo Seishi)のミステリー小説を原作とする。 彼のキンダイチシリーズは、人気俳優たちが探偵として出演する映画でよく作られています。

1954年版には当時の有名俳優だった片岡千代蔵(Kataoka Chiezo)が主演を務めました。 彼はスーツを着てアクションシーンを消化した。

都営関係者のナシダヒイロは、数々の横見組や金太一ファンと協力して、日本映画の黄金時代に知られている傑作を復元したいと言いました。

ナシダ氏は、復元された作品を大きな画面で見るとき、視聴者が過ぎた時代を思い出してほしいと言った。

同社はキャンペーンに貢献した人々を対象に来年1月に東京で上映会を開催する予定だ。

READ  【すごく小顔]世界最速健二映画「きかんしゃトーマス」の超特急日本でイン - KAI-YOU.net
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours