エンターテインメント

1961年大会で、子供たちが日本のカブトムシと戦って

子供たちは夏休みをどのように過ごしますか? 昆虫の根絶。

Beacon Journal Beetle Huntは、おそらくAkron新聞が子供たちに殺人行為をすることを奨励した最後のチャンスである。

この特異な大会は、1961年の夏に日本産カブトムシを最も多く集めた少年少女に新しい自転車を提供していました。 4人の準優勝者には「強力な米国産トランジスタラジオ」を上に表示されます。

より多くの歴史: Greater AkronからMark J. Priceの週刊歴史コラムを読む

「大きな狩りが始まりました!」 Beaconは7月2日Children」s Cornerページに発表しました。 「隣人のサファリに必ず参加して遅れをとらないでください。

「見つかるゲームはライオンやトラ、カバほど大きくはないが、はるかに破壊的です。

READ  追悼エディヴァン・ヘイレン...今明かされる「バーガー事件」| Smart FLASH /スマフラー[光文社週刊誌]

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close