1995年の日本最高警察銃撃自白した収監者死亡

1 min read

1995年当時、日本最高警察官を射殺した事件を自白した94歳男性が、2001年大阪で強盗と殺人未遂の疑いで終身刑を宣告されて服役している間、東京刑務所で死亡したとこの問題に精通した消息筋が土曜日明らかにした。 。

中村宏が水曜日、東京西部にある収監者医療施設で死亡したと消息筋が伝えた。 検察は1995年3月、国松高地攻撃に対して中村に対する起訴をすることができなかった。 自白の信憑性と証拠不足を理由に言葉だ。

国松警察庁長は、東京地下鉄でサリンガス攻撃で12人が死亡し、10人を超える負傷者が発生した後、警察がAUM真理教への急襲を始めた直後、東京にある自分のアパートの入り口で銃に当たった。 その他5,500人。 国松は重傷を負った。

1995年3月、東京・荒川区で撮影されたファイル写真には、当時警察庁長国松高次が銃撃を受けた現場近くを捜査官が調査する姿が写っている。 (刑務所)

警察は2004年の銃撃事件と関連してAUM元会員など4人を逮捕したが、検察は証拠不十分で彼らを起訴しなかった。 該当事件の公訴時効は2010年3月満了した。

中村は2001年大阪で発生した現金強奪事件当時、殺人未遂、強盗未遂、銃器所持の疑いで服役中だった。

READ  請願の要約:中国と日本のアルミニウム平板印刷版 - 反ダンピングと相殺関税の請求ハッシュブラックウェルLLP
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours