世界

2年間所得税8万…不動産王トランプ大統領が「税金逃避」することができる計略富裕層は「良い」税金の構造| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

米国の新聞ニューヨーク・タイムズは、米国トランプ大統領の「脱税疑惑」をスクープした。 2016年に出した所得税は750ドル(約8万円)だったという。 不動産王トランプがなぜ小額終わるのか。 “国・企業・コール – グローバル化の不便未来「(新潮選書)を出した早稲田大学教授の岩村充氏は、「グローバル化の恩恵を受けた高所得層と企業経営者にとって、さまざまな節税方法がある。 その余波は、中間層に集中している」は、 – 。

※この記事は、岩村充 “国・企業・コール – グローバル化の不便未来「(新潮選書)の一部を再編集したものです。

写真= AFP /時事通信フォト

2020年9月29日、オハイオ州で開かれた米国の大統領選挙の第1次候補者討論会で、カメラニア妻と一緒に退場するドナルド・トランプ大統領

深化富裕層の「税金逃れ」

ニューヨーク・タイムズはトランプ大統領の脱税疑惑を取り出し、米国で大きな反響を呼んでいます。

新聞報道によると、トランプ大統領就任前18年の11年間の所得税を納付して、2016年には、17年の納税がわずか760ドル(8万円程度)でした。 大統領緊急会見で「偽ニュース」と反論したが、この疑惑が11月の大統領選挙に大きな影響を与えることは必至の情勢です。

今、世界中の富裕層の「税金逃れ」が大きな問題となっています。そして、その余波で税負担が中産階級に集中し、国の運営自体が危うくなっています。

法人税引き下げ競争

現代のグローバル化の特徴は、物が国境を越えて行き来するだけでなく、企業や資本も国境を越えて自由に行き来するところにあります。 そして、グローバル化の進展は、企業と国との力学関係を根本的に変えることにつながりました。

かつては国と企業の力関係は、国が常に優位にあり、企業や富裕層は、国家による監視と保護の対象でした。 しかし、企業や富裕層が自分の活動地域を自由に選択できるようになると事情は異なります。 国は、多くの企業や富裕層を自国に呼び込もうと法制を研究して税率を引き下げ競争、いわゆる「底辺への競争」を開始していないことができなくなったのです。

READ  [아침의 5 개]仕事始めに読みたい厳選ニュース - Bloomberg

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close