スポーツ

2番目の授業:日本、フー教授を雇い、子供たちに税金を支払うことを教える日本

日本政府は、子供たちの身体機能への関心が大人になったとき、納税の重要性を認識するのに役立つことを願っています。

彼が教科書の膨大な販売を煽ってから数年後、ウンコ先生 [Professor Poo] 財務省税務庁により、国内最年少の国民に財務省の役割に対する認識を高めるためのキャンペーンの一環として、パンフレットに登場するようになりました。

同名の絵文字のような形をしてハンドル口ひげと丸いメガネを誇るこのキャラクターは消費税のようなテーマを探求します。 つまり、子供がお菓子の袋を買うたびに支払う商品やサービスに10%の課金が課されます。 彼がパンフレットから子供たちに投げる質問の1つは、たわごとと税の共通点は何ですか? 答え:肥料、どちらも物を栽培するために使用されるからです。

後ろのキャラクター 小冊子日本全国の小学校に配布されるこの本は、数百の漢字を暗記する能力に感謝する数百万人の子供たちに馴染むでしょう。

2017年文京社出版社で発売された雲子先生が登場する漢字学習書シリーズは大きな人気を得ました。

出版社によると、この本は約500万部が売れており、これは日本の小学生3人のうち2人が1冊を所有しているという意味です。

スカトロジーにインスピレーションを受けたウンコドリル(たわごと訓練)練習本は非常に人気があり、財務省の珍しい回廊にある管理者が文京社の創設者であり元リーマンブラザーズの職員だった秀二山本がアイデアを提案したときにこれを受け入れたとします。 今、彼らはUnko-senseiが漢字コンポーネントとストロークの注文についてすでに行ったことを税として扱っています。

教育部関係者は毎日新聞に「訓練を通じて小学生が早期に税金に関心を持つことができることを願う」と話した。

READ  丸山桂里奈ジェン言い訳に本並氏「会社または "爆笑結婚会見 - 結婚・熱愛:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close