経済

2%に達するのに永遠にかかりました。 今高すぎる

記事タスクの読み込み中にプレースホルダ

日本はかなり適切な水準のインフレを引き起こすために長い間取り組んできました。 今、世界的な物価の急上昇、コロナ19によるボトルネック、ロシアのウクライナ侵攻などの助けを借りて、ロシアは進展を見せることができます。 何をしても公衆に知らせないでください。 黒田春彦日本銀行総裁は今週、実際にリフレクションを管理するのがどれほど難しいか突然思い出しました。 家計の「物価上昇に対する耐性が増加している」という言葉を見過ごしていましたが、これは数十年間デフレを図った末にそれほど悪いことではないかもしれませんが、大衆の抗議の中で撤回するしかありませんでした。

黒田は日本を抑えつつある「デフレ考え方」について何年も文句を言いました。 月曜日のスピーチで、彼は東京大学で行われた最近のアンケートを引用し、かつて価格の引き上げに直面して小売店を変えた買い物客がますます喜んで笑顔で我慢を意図していると提案しました。 彼らは必須アイテムの高価なコストで行くことにしました。 Twitterで流行する限り、ハッシュタグは「私は値上げを受け入れません」と翻訳されました。 議員は黒田を石炭の上に引き寄せた。 彼は火曜日の国会聴聞会で「必ずしも適切な方法で言ったわけではない。

フラカスは、日本の最大の経済的悩みの一つであった問題の解決が繊細な問題であることを示しています。 また、エリート政策の処方と請求書を支払い、頭の上に屋根を維持しようとする多くの日本人のそびえ立つ不安の間の心配な断絶を指摘しています。

高いインフレへの家計の期待は、堅実な賃金の引き上げとともに、否定的な心理パターンを破る重要な要素であると長い間考えられてきました。 最初はここにあるようです。 2番目はまだ始まっていません。 これは、BOJが貧弱な経済状況を克服するための長く、時には議論的な探求において常に厳しい段階でした。 長年にわたり、雇用主と労働組合が大きな給与引き上げに同意するインセンティブがあまりなかったため、痛みを伴う部分が報酬より先行することが予想されています。 価格はそれらを正当化するのに十分に動かなかった。 岸田文夫首相の悩みは市民の投票だ。 経済モデルはそうではありません。 首相の記録的な世論調査の数値にもかかわらず、有権者は圧倒的に政府がインフレ問題を解決するために取った措置に不満を抱いていると述べた。 先月。 黒田の発言は昨年の平均給与の約8倍に達する給与を受けたため、多くの人々に乙がなかった。

インフレが日本では統制不能ではない。 それとは距離が遠い。 4月の消費者物価は1年前より2.1%上昇し、ついにBOJの目標に達しました。 黒田はインフレが持続可能なレベルで安定したいと考えています。 彼は月曜日のスピーチで、彼らが通貨扶養策の解体に近づいていないことを強調し、インフレがはるかに高い日本とアメリカ、ヨーロッパを区別するために苦労しました。 超低時代の後、黒田は日本人が扱う必要がないことを受け入れるのがどれほど難しいのか理解できなかったでしょう。 買い物客は、タマネギの価格がほぼ100%増加したことを含め、4月に新鮮な魚と野菜の価格が12%増加したことを見ました。 雪が沈んでいることについて話してください。

日本の家庭はそれを聞きたくないかもしれませんが、多くの国では日本の家庭よりも良い場所にあります。 世界銀行は、火曜日に平均以上のインフレと平均以下の成長率を示すスタッグフレーションが世界経済の大部分に非常に実質的なリスクであると警告しました。 そして、Janet Yellow USAの財務大臣とは異なり、Grodaはインフレが「一時的」であると予測したことが間違っていると絶えず言うように強制されていませんでした。

インフレは、主な野党が指導者の主な弱点を強調するために提出したほとんど重要ではない年次儀式である岸田に対する不信任運動のテーマでした。 しかし、価格に焦点を当てるのは、差し迫った電力不足のために政府が人々に冷蔵庫を満たさず、家族がテレビの一台に集まって他の部屋の電源を切るように要求している時期にキシダができないことです。

公職生活を終えた黒田という不便な現実と向き合う。 ある程度の緩やかなインフレは経済全体に望ましいかもしれませんが、個人に大きな打撃を与えることができます。 過去30年間で、日本の金融政策の基本的な推進力は、インフレを危険にさらすほど低いレベルで引き上げることでした。 日本がそれを望んでいないかもしれないことがどれほどひどいです。 Bloomberg Opinionのこの作家と他の情報:

•インフレ崩壊に関する深刻な警告が現実化している:Daniel Moss

•資本主義の方向に対する日本のぼやけたビジョン:Gearoid Reidy

•円高。 そして大丈夫です:Bloomberg Opinion

このコラムは、編集委員会やBloomberg LPおよびその所有者の意見を必ずしも反映するものではありません。

Daniel Moss はアジア経済を扱う Bloomberg Opinion コラムニストです。 以前は、経済部門Bloomberg Newsの編集長でした。

Gearoid Reidyは日本を担当するBloomberg Newsシニアエディタです。 彼は以前、北アジアの速報チームを率いて東京副局長を務めた。

このようなより多くの物語は で見ることができます。 bloomberg.com/opinion

READ  インド、ロシア、日本と3者間輸送、石炭採掘協力交渉

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close