エンターテインメント

2 北朝鮮現金作戦の一部として日本で韓国人2人抑留: 消息筋

去年の秋、日本で入国管理法違反の疑いで韓国人2人が逮捕された。

日本の警察は、これらの協力を北朝鮮に関連するスパイ事件に分類し、北朝鮮が経済制裁を避けるために設けた外貨獲得ネットワークの一部であると信じています。

消息筋によると、他のいくつかの個人を介して韓国のカップルに命令を与えた男性は主に中国で活動し、リホナムのような仮想の名前を使用しました。

偵察総局という北朝鮮の情報機関所属であることが知られ、依然として外貨獲得網の中心人物と推定される。

この男性は、元南側要員の回顧録を元にした映画「工作」に出てくる北朝鮮の上級管理のモデルでもある。

韓国の60代男性と70代女性の2人は、2016年末に東京のあるコンドミニアムに貿易会社を設立し、母国から栄養ドリンクを輸入・販売した。

彼らは昨年10月と11月にかけて在留資格以外の活動をして文書を偽造して日本に入国した疑いで東京警察に逮捕された。

押収物を分析した結果、二人は会社を利用して北朝鮮と水産物を取引し、ロシア極東地域の北朝鮮国境近くに液化石油ガスターミナル建設計画に関与したことが明らかになった。

北朝鮮スパイが主導した外貨獲得作戦と推定されるこの事件で、警察は男女が事業などを通じて得た資金の一部が指示した男性に伝達されたと見ている。

消息筋によると、2017年11月頃から日本に長期間滞在した韓国男性と短期滞在ビザで繰り返し入国した女性が今回の作戦に協力したと伝えられた。 しかし、日本の検察は彼らを起訴しないことを決め、二人はもはや拘禁されなかった。

韓国の連合ニュースは2月2019年末ペアを指示した男がロシア極東ウラジオストクのあるホテルで韓国ガス公社関係者と会ったと報道した。 北朝鮮が購入したロシア産ガスを買うとしたが、会社は断った。

READ  Netflix、日本で放映された直後に最新のDemon Slayerエピソードを削除

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close