スポーツ

[2 개월 연속 MVP]DeNAの韋駄天・32歳梶谷隆幸た「球団新記録 “42”までの道」 – プロ野球 – Number Web

充足感を漂わせながら梶谷隆幸は食いしばりよう言うのだ。

「今シーズンは良い疲労感を継続味わうことができるというか、「疲れた……」と家に帰って言うことができるのがうれしいですね」

梶谷は2020年9月度セ・リーグ「大きな木の命月間MVP」を獲得した。 月間打率.378安打することができ、42盗塁数7は、すべてリーグ1位であり、出塁率.427はリーグ3位文句なし獲得することができるだろう。 横浜DeNAベイスターズに伝達佐野ケータにつながる2カ月連続受賞であり、梶谷自分2015年3、4月度以来、約5年ぶり2回目の栄誉になる。


「よく分からない状態で保持しまった以前に比べて差がありますね。今回は、自分の中で考えて積み重ねてきた結果というか、感無量です」

キャッチできるようにしてとることができたのか。

「そう思うようになることがあればいいですね」

梶谷そう答えて、静かな笑顔を見せた。

“”あと1つの球団新記録だ」と聞いて驚きました」

受賞にハイライトがされたのは、30年前にジムパチョトレックが24年前に佐伯貴弘が樹立した球団中安打記録」41 ‘を超えた9月30日ヤクルト戦である。梶谷は前日の29日の試合で4安打を放ち、球団タイに一緒にいたが、これまでの記録の存在を全く知らなかった。

「ラミレス監督からいつも「月刊40はクチナシ」としており、9月の試合を残して、残りの安打3つでした。で、29日の試合で4つのヒット池田と思ったら、そこで初めて「今後1本球団記録だ」と聞いて驚いた。だったら、もう超えたいね。その日は1つ良いので、とにかく出したかった」

梶谷は6回裏2死2塁の状況で打席に立つと、石川雅規の突出変化球を逆方向に弾き返し、タイムリー。 2塁で小さな勝利のポーズをして澄んだ中安打数「42」球団新記録を樹立した。

見て感じたのは、親だから打ったヒットだったのだ。 オールシーズン梶谷積極性もあり粘りも陽性を加えた一皮むけた打撃を披露してきた。 以前のものを思い浮かべると、目の覚めるような活躍ができるのに対し、改作場面で力み、退い空を見上げる姿が目立った。

「以前であれば、チカランしていたかもしれません。そんなことばかり繰り返してきたのだから」

自助よう梶谷は笑ったが、それは既に過去のものである。

[다음 페이지]梶谷から漂う「笛のついた緊張感」の正体

READ  前ヤンキー昌弘田中、楽天第2戦開始

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close