2007年ミャンマーで殺害された日本ジャーナリストの映像公開メディアの自由ニュース

1 min read

2007年、ミャンマーの封技の時、銃に当たって亡くなった日本の記者が落とし、15年以上行方不明になったビデオカメラがバンコクで開かれた記念式で姉に渡され、最終姿が公開された。

Kenji Nagaiは、2007年9月27日、サフラン革命として知られる数十年間の軍事統治に反対する平和的奉仕の一部である仏教僧侶たちが主導したデモをヤンゴンで録音していました。 その時、兵士たちが到着し、群衆に発砲しました。 小さなビデオや写真代理店である日本APFニュースで働いていた50歳の記者が襲撃され、致命傷を負いました。 彼はその日に殺された約10人のうちの1人でした。

長井の姉・小川紀子は、水曜日の復旧に関わったミャンマーの民主的声のオブビルマ代表であるちょっとチャン・ナインから小さなソニーハンディカムを受け取った。

「心から感謝します」と彼女は言いました。 「これまでカメラに関する情報さえなかったので、これは私にとって大きな驚きであり喜びです」

カメラが引き渡されると、ミャンマーは2007年よりはるかに深刻な激変の指に置かれました。

2021年2月、軍部がアウンサン恥夫の選出政府から権力を掌握し、クーデターに反対する大規模デモに残酷な武力で対応した後、広範囲で断固たる武装抵抗が現れました。

監視団体の政治犯支援協会によると、その後暴力事態で約3,440人が死亡し、約18,000人が拘禁されています。

3人のミャンマージャーナリストが死亡し、150人以上が投獄されました。 少数の外国ジャーナリストも逮捕され、後に追放されました。

長井健二の姉・小川紀子が、バンコク外信記者クラブで、ナイン・チョンちゃんから兄の失われたビデオカメラを持っている。 [Athit Perawongmetha/Reuters]

カメラが見つかったときも、元のテープが内部にありました。 その内容は水曜日のイベントで上映されました。

小川はバンコクでメディアとのインタビューで「これを通じて人々が再びミャンマーに関心を持つことを望み、世界中の人々が現状に対して何か措置を取らなければならないと感じることを望む」と話した。

彼女はカメラと映像が分析のために日本に戻り、冷え込んだ事件である兄の死の徹底的な調査を支援すると述べた。

このイメージは、警察が道を塞いでいる中、ヤンゴンの古代スーレー・パゴダ近くの街で歌い、救援を叫ぶデモ隊と僧侶たちの姿を見せた。 兵士がいっぱいのトラックが到着すると、長井は自分でカメラをオンにしました。

「軍隊が到着しました。 向こうに軍隊がいます。」と彼は言います。 「重武装した軍隊だと思います。 寺院の前は市民で賑わいます。 市民が仏の頭の前に集まった。 重武装した軍用トラックが到着しました。

その後、画像は人々が散らばっていることを示しています。 映像は致命的な瞬間が来る前に壊れた。

しかし、ビルマの民主的声が記録した映像には、長井が倒れた後、兵士が近距離で銃を撃ったと思われる死の瞬間が捉えられた。 Reuters News AgencyのAdrees Latifが撮影したイベントの写真は、2008年にピューリッツァー賞を受賞しました。

APFの長井賢治がヤンゴンで負傷したまま倒れ、写真を撮ろうとしています。 この写真は、Reuters通信会社のためにこの写真を撮ったAdrees Latifのピューリッツァー賞を受賞しました。 [Adrees Latif/Reuters]

長居のカメラがいつどのように発見され、その間にどこに保管されたかについての正確な詳細はまだあいまいです。 Aye Chan Naingは、ミャンマーから輸出される前に一連の人々を通過したと言った。

「確実なセキュリティ上の理由から、脱出方法をより深く掘り下げることはできません。 私が言うことができるのは、何が正しいのか、何が正しいのかを知っている善良な市民を通して私たちがそれを得たということです。」

長井の妹は、テープ分析を通じて彼が意図的に標的になったわけではないという軍の主張が間違っていることを暴露することを望んだと述べた。

「不適切な時期に不適切なサイト」

銃撃事件が発生してから1ヵ月も経たず、ミャンマー国営メディアの論評では、長井が自分を危険にさらしたため、自分の死に対する責任があると述べました。

新聞は「日本特派員がデモ隊の間に挟み、悲劇的な最後を迎えた」と伝えた。 「確かに日本の特派員は故意ではなく偶発的に銃に当たった。 彼は不適切な時間に不適切な場所でデモ隊と一緒にしたという事実によって悲劇的な最後を迎えた」と話した。

記事はまた、長井がメディアのビザではなく観光ビザに入国したと文句を言った。 ジャーナリストのビザは、サフランの封期中に不可能ではなかったとしても、非常に困難でした。

ニューヨークに本部を置くメディアフリージャーナリストの保護委員会のShawn Crispinは、ミャンマーは依然としてジャーナリストが働くのに危険な場所であると述べました。

水曜日の記念式に出席したクリスピンは「今日の行事はミャンマー軍がジャーナリストを何の処罰もなく殺し続けてきたことを思い出させる重要かつ時宜を得た」と話した。 「そして殺人はKenjiの殺人が引き金を引く人、その日の射撃命令を出したすべての指揮官、その日の致命的な鎮圧を組織した軍の指導者に至るまで、完全な正義を得るまで止まらないでしょう.」

READ  世界は2023年新年を迎えます。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours