トップニュース

2011年の災害で行方不明になった女性に確認された日本東北部で分離された遺骨が発見されました。



宮城県警察本部(毎日/大谷麻由美)



(Mainichi)

仙台 – 2013年と2014年の日本北東部宮城県二つで発見された遺体が、2011年の東日本大震災と津波で行方不明になった92歳の地元の女性のものと当局が10月1日に発表した。

県石巻沿岸警備隊によると、2013年トロール漁船はオーガ書きだけと大島の間の海で2013年県気仙沼市の海岸から南東に約8.3km離れた海で発生した残骸を除去しながら、骨盤と股関節の骨を主だった。 2011年の災害で。 そうするうちに2014年11月には、リサイクル業者が県南三陸のシーズがとだけで取得した破片で右大腿骨を発見した。 これは宮城県警察によって保持された。

県警察は、今年6月に惨事10周年を迎え、身元不明の遺骨に関する資料を検討した結果、大腿骨のDNAと海洋警察が保管した遺骨のDNAが一致することが明らかになった。 遺骨は、女性からの子孫に遺伝されるマーカーであるミトコンドリアDNAと遺骨が発見された経緯などを分析した結果、石巻の佐々木福野のことが確認された。

気仙沼市政府は9月30日現在の警察に保管されていた遺骨を佐々木の長男に引き継がれ、残りの遺骨は10月4日石巻の墓地で遺族に安置される予定である。

(Japanese original by Issei Takizawa、Sendai Bureau)

READ  日本の日経、アメリカプレゼント低迷で1ヶ月の最低記録

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close