2011年災害で愛する人を失った日本投手、WBCデビュー

1 min read

ある日本人投手が土曜日ワールドベースボールクラシックデビュー戦を行いました。 また、彼の父親と祖父母を含む、彼の故郷から多くの人々の命を奪った地震と津波が発生してから12周期でもありました。

東日本大震災と津波が東北地域を襲った時、佐々木はわずか9歳でした。

佐々木は岩手県陸前高田市出身だ。 地震が発生した津波で、都市は荒廃した。

彼はいつも多くの方々の応援のおかげでプロとして野球に専念できたと話した。
野球をして勇気と希望を伝えることだけがその人々に報いることができるとも言った。

こういう考えで東京ドームで開かれたチェコとの試合でマウンドに上がった。

試合序盤の初球がボールで明らかになるなど緊張した姿を見せた。 しかし、その後、時速160kmを超える直球と140kmを超える変化球を連続で投げた。

栗山秀樹監督は、佐々木がボールを投げるよりも人々に心を伝えるようだと言った。

彼は4回66の投球の終わりにマウンドを去り、日本の勝利を導いた。

スタジアムを訪れた人々はもちろん、彼の故郷に集まった観客たちも熱い拍手を送ってマウンドを去った。

佐々木は、試合後のインタビューでこのような重要な日に登板できて感謝していると述べた。

佐々木はスタジアムを離れようとしたとき、ワールドベースボールクラシック(WBC)期間中に良い投球を準備し、人々が彼の投球で何かを感じたら嬉しいとメディアに語った。

READ  トップシードのレナタ・ジャムリコワ(Renata Jamrichova)が女子ジュニアタイトルを獲得しました。 日本の坂本レイ、男子決勝優勝
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours