2018年以降、日本で行方不明になった妹が犯罪被害者だとフランス人男性が明らかにしました。

Estimated read time 0 min read

2018年、東京北部観光地旅行中に行方不明になったフランス人女性の弟は、金曜日の警察の調査で事故や邪悪な活動があったかどうかを判断できなかったにもかかわらず、自分が犯罪被害者である可能性があると信じていると述べた。

ダミアン・ベロンは、東京日本外信記者クラブで開かれた記者会見で「我々は調査ファイルが(フランス)当局に配信されることを望む」と述べた。 入場。

行方不明の女性ティファイン・ベロン(41)は、2018年7月28日から栃木県日光のある宿で2日夜を一人で過ごす予定だった。 しかし、翌日午前、荷物とパスポートを残したまま消えた。 宿泊施設。

失踪したフランス女性ティファイン・ベロンの兄弟ダミアン・ベロンが2023年11月24日、東京の日本外信記者クラブで記者会見をしている。 (刑務所通信)

デミアンは自社調査を行うために日本とフランスを何度も往復し、最近の旅行は10月中旬から日光で過ごした時間に関連しています。

彼は、自分と地域の警察が発見した情報(携帯電話の位置データなど)でいくつかの不一致を確認したと述べた。

彼は日本当局の調査結果に接近したいのですが、これを可能にするために日本司法制度を探索することは難しいと述べました。

彼が直面する難しさにもかかわらず、デミアンは受けた助けに感謝しました。

彼は「また、日本国民の助けがなければ、私たちが今までやってきたすべての捜索と調査を決してできなかっただろうと言いたい」と話した。

「私たちは戦うでしょう。ティファインを忘れないでください。」


関連プレス:

行方不明になったフランス人女性の親族、日本にさらなる措置を求める


READ  インフレが差し迫るにつれて、日本の「複数支出」への希望が消えていく
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours