経済

2020年、日本のアニメーション産業の売上高1.8%減、10年ぶりに初めて減少

日本のアニメ制作業界の2020年の売上高は10年ぶりに1.8%減少した。 信用調査機関によると。

帝国データバンク(Teikoku Databank)は、最近の調査報告書では、業界の総売上高は、昨年2511億円(23億ドル)で2019年2557億円で、減少したと発表した。

映画事業で業界は、400億円以上の収入で、日本ボックスオフィスの歴史の中で最も高い収益を上げた映画となった「悪魔の虐殺者 – キーメッツノヤイバー – ザ・ムービー:ムゲントレイン」の大ヒットを引き起こした。

2020年10月16日映画公開日に東京の映画館で後藤が高陽日の人気日本の漫画「デーモンスレイヤー」(Kimetsu no Yaiba)をベースにした映画の看板が見えます。 (教徒)==教徒

他のヒット映画の中の2年前に会社のスタジオで発生した致命的な放火事件の犠牲者の一部が作業していた京都アニメーション(Kyoto Animation Co.)の映画「バイオレットエバーガーデン:ムービー(Violet Evergarden:Movie)」があります。

それにもかかわらず、COVID-19感染症が原因で多くのスタジオの製作プロセスが遅延され、アンケートに応じた300個のアニメ制作会社の48.6%が2020年の売上高の減少を報告した。

2020年の企業あたりの平均年間売上高は8億3100万円で、4年ぶりに下落したが、昨年の売上高が増加したと回答した割合は31.6%に達した。

利益面では、37.7%が損失を着29.5%が利益が減少したと回答し、31.1%が利益の増加を報告した。

日本のアニメ産業の見通しは、中国のアニメーション会社との競争が激化する可能性があり、難しく見えるリサーチ会社は言った。

中国企業は、日本の人材を雇うために、より高い給与を提供し、日本のスタジオの株式を取得し、日本製作技術を習得しています。 Teikoku Databankは最新の設備を使用して、アニメーションの品質が、ここ数年の間に改善されてと言いました。


関連の適用範囲:

2019年京都アニメーション放火の被害者36人追悼

VRは、乗客をユニバーサル・スタジオ・ジャパンの「デーモンスレイヤー」の乗り物に案内します。

ドラえもん「のび太」の名を冠した、中国の恐竜の足跡の化石


READ  「NHK受信料徴収に郵便局職員が個別訪問 "武田総務省がとんでもない提案」悪名高い同士組んでどのように!」と猛批判(2):J-CAST会社ウォッチ[전체보기]

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close