トップニュース

2020年、日本料理店の売上高15.1%下落

2020年、日本のレストランの売上高は、前年比15.1%減少し、これは新型コロナウイルス感染症が原因で、1994年の統計が始まって以来、最も急激な落ち込みを記録した日本食品サービス協会が語った。

バーなどお酒を提供するところのゲストが半分に減り、ウイルスの拡散のために酒の席と外食を控える人が多かった。

ハンバーガーのような洋風項目を提供するファストフードチェーン店は、売上高が5.5%増加した一方、他のすべてのタイプのレストランは、売上高が減少しました。

Izakaya 多数の赤字店がドアを閉めながらパブ売上高は47.7%急減した。 他のバーやパブは57.3%、外食の顧客に依存しているファミリーレストランでは、20%以上減少した。

レストランの販売は、昨年4月から5月までの政府の最初の緊急事態が伝染病により床を打った後、回復を見せている。

しかし、昨年12月の売上高は、新型コロナウイルスの復活に年末のパーティーなどお食事会を持たず、前年比15.5%減少した。

今月初め、政府は、ウイルスの新しい緊急事態を宣言しました。 協会関係者は、新しい緊急事態が居酒屋やウイルス危機により、すでに困難を経験している他の施設に追加ダメージを与えることができるという懸念を表明しました。

2月7日まで持続する新しい緊急事態は、東京と近隣3県を含む11県を含んでいる。

一方、東京のレストランやバーのマスターは、1人の顧客をターゲットとするのと同じ生存のための新しいアイデアを見つけるために頭をかき回している。

約3,000冊の本が展示されている豪華な銀座にあるカフェ兼バーBar Zikkaiでお酒とドリンクを飲みながら静かに本を読んで1人の顧客を見ることができました。

新しい緊急事態が東京と近隣3県で1月8日に発効された後、店は原則として1人の顧客に焦点を当てて3人以上の団体入場を拒否しています。 カップルの訪問者は、注文時を除いては、別に座って会話を控える必要があります。

Bar Zikkaiの32歳の管理者であるHaruna Hijikataは「従業員の感染リスクを軽減したい」とし「従業員や顧客が会話を楽しむ活気ある雰囲気」を持っていたと言及した。

Hijikataは「私たちの顧客は、一人で来る多くの人々が含まれており、我々は1人の顧客がより快適に本を読むことができるような戦略を採用しました。」と言いました。

東京武蔵野市にあるラーメン店「ドクターツヤ」は、緊急時に早期閉鎖による収益の損失を補償するために、営業時間を午前6時に変更した。

ドクターツヤの37歳マネージャー類山本(Ryu Yamamoto)は、「出勤前のサラリーマン、子供を連れていくママなどの新規顧客が生じ始めた」と述べた。

このアクションは、「事業を継続運営するための私たちの努力の一部」とYamamotoは言っ早期開場を介して、より多くの新規顧客を引き付けることができることを願っていると言いました。

新宿区の一焼きレストランは、レストランで夕食を食べたいというお客様のご希望にお応えしながら、当局の午後8時まで閉鎖要請に応えるために緊急の期間中、1時間の間に5コースの食事を提供しています。 午後7時から、通常2時間の間進行される9コースの食事を提供しています。

「九つの料理は、それぞれ固有の意味を持っているので、私たちはこの事業を運営しながら変えたくないのがありました。」と、レストランのマネージャー(44)は言いました。

彼は「私たちは、状況に柔軟に対応してください。」と言って、ウイルスの危機のために、ビジネスの状況が難しいと指摘しました。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  日本は2030年までに、アンモニア燃料の需要を年間300万トンに増やすことを目標にします。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close