技術

2020年「Xperia 1 II」内のベストバイ(シノ純也) – Engadget日本版

個人的なベストバイに持ってたいXperia 1 II

メインターミナルの一つとして、6月に発売以来、「Xperia 1 II」を使用してきた筆者。 2020年ベストバイに挙げたいのもこのモデルです。 勢いが微妙な時期Xperiaは概念がゆらゆらしていたこともあり、購買意欲をそそらず、長い間、自分が選択した端末として選択から外れました。

そんな中、ソニーモバイル「Xperia 1 “で概念を一新。第2弾となるXperia 1 IIは5Gに対応したうえで、カメラも大幅に強化機能面に研磨してきました。リニューアルを図ったのはXperia 1ですが、機能と仕様がコンセプトに沿ってかなかったのも事実。どちらかと言えば、Xperia 1 IIのほうが開発思想を忠実に実装している印象もあります。

特にカメラは、最近のトレンドである「コンピューティングーショナル・フォトグラフィー」は正反対の方向を提示しました。 「α」のUIをスマートフォンに落とした「Photography Pro」は、AIが自動的に撮ってくれるよりは人間が考えながら、手動で設定を見つけていくアプリ。 パラメータをあれこれいじりながら撮影行くのは意外と楽しい、AI任せてい撮影もアリが思うようになりました。

カメラは、スペックが進化だけでなく、UIも新機軸を導入した
αのようなUIで撮影することができPhotography Pro

スマートフォンのカメラは、シャッターを押すだけで、手軽に撮ることができるのが魅力だが、逆に誰が撮ってもようになってしまいがち。 設定に応じて仕上げを調整することがPhotography Proは、その点でまさにデジタルカメラです。 ほんの少しHDRを聞くこととか、いろいろ設定をいじっているシャッターチャンスを逃してしまうなどの欠点が存在します。 そのような意味で、iPhoneとGalaxyやAQUOSシリーズのように、万人にお勧めすることができるスマートフォンというのはありません。

HDRは搭載されているが、AIをゴリゴリ使った端末と比較すると効果は多少弱まっ

開発したソニーモバイル側もそれ百も承知のです。 だから「ジョトアウル尽くす人」を目標にして、スマートフォンの王道は勝負していない道を行っているのは、人によって好き嫌いが大きく分かれるのは当然だと思います。 Xperia 1 IIに関しては、この概念を導入したXperia Iよりも人を選択した印象さえあります。 上記の開発コンセプトを忠実に実装した書いたのはそのためです。

丸みを帯びたデザインが全盛期のうちノッチなく角デザインを採用しているところも逆張り感が出ています。 単に他のと別の道を行くことだけでなく、映像を見てもノッチがない利点になることがあります。 「iPhone X」の登場以来、いくつかのスマートフォンでも当たり前のようにノッチが付いていますが、正直な映像を表示するには邪魔でしかありません。パンチホールで存在感を薄くしている端末もあるが、映像を正しく表示するためにあるカメラは正常にベゼルに掲載するソニーモバイルの姿勢は、ソニーらしく好感を持つことができます。

最近では、珍しいノッチなしにスマートフォンである

一見すると銀のようなパープルのエレガントな色も筆者の味がする。 Xperia 1 IIは久々のXperiaだったが、使用している間にかなりの愛着がわいてきました。 結果的に、以前の連載で説明したようパープルを「器」してしまうのですが、同じ端末を2回購入したのは初めてだ。 2回買った以上の個人的なベストバイで取り上げていないことはありません(笑)。

関連
5万6000円で5GスマートフォンXperia 1 IIを「ボウル」する方法(シノ淳也)

リフィルはSIMフリー版がリリースされたためですが、この挑戦​​を評価したいところ。 キャリアのバージョンよりも数ヶ月遅れになってしまいましたが、デュアルSIMメモリストレージを強化しているので、実質的なマイナーチェンジモデルで考えることもできなくはありません。 キャリアバージョンとの価格差も非常に小さいので、このタイミングでXperia 1 IIを購入しようと思っていた人にSIMフリー版は良い選択である。 このような努力は、2021年以降も必ず続けてほしいですね。

SIMフリー版は、メモリとストレージが強化されている

欲を言えばソフトウェアにより独自性が必要なところ。 TimescapeとMediascapeを搭載した(日本の)初代Xperiaのように、Androidをゴリゴリカスタマイズしてほしいというわけではないこの場所のXperiaはますます自分のアプリが構造調整の憂き目にあってはいます。 気づけば、POBoxもカレンダーもアルバムもなくなってしまい、すべてのGoogleのそれに置き換えています。 牛のAndroidたっぷりまるでPixelまるでです。

カレンダーもアルバムもGoogle意志がなってしまった

自分のソフトに賛否があるのは勘案しかし、これらの基本的なアプリケーションは、どのメーカーもユーザーを追加し、「らしさ」を出しています。 カレンダーとアルバムは、GoogleカレンダーとGoogleフォトアプリを使用しやすいといいのですが、必ずしもそうではなく、UIについては正直、夜だと思います。 会社的には、資源を費やすほどの状況はないかもしれませんが、Xperiaらしさを出すためにあって、これらのアプリケーションの多くの復活させてほしいところです。

しかしながら、これらのマイナーなよう収録Xperia 1 IIは魅力あふれる端末で今愛用しています。 例年通りのスケジュールとすると後2カ月ぶりに後続モデルが発表されてしまうのですが、この概念は、ブラされずに継続と思います。

READ  Razer新型マルチボタンマウス「Naga Pro」を発表した。自分のワイヤレス接続」HyperSpeed」に対応

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close