トップニュース

2020年に発行された日本のビザの数は感染症が原因で87%減少しました。

2020年、日本が発行したビザの数は、前年比約87%減少し、これは感染症に起因する旅行の制限により、1999年に似たような記録が公開された後、最も急激に減少したと外務省は語った。

国防部の関係者は、日本の入国禁止、上陸前後の検疫及び試験要件の強化、そして繰り返される感染症の波のために、外国人観光客が日本を訪問することを防いだり、妨げと述べた。

2020年12月28日コロナウイルス感染症で東京の近く成田空港の到着ロビーがほぼ空です。 (教徒)

日本で多くの感染の亜種が拡散され、人々が訪問することを防いだと関係者は付け加えた。

政府が発表した資料によると、日本は2019年に約828万件で、昨年に約112万件のビザを発給した。

すべてのビザの中国が59%(662,437個)で最も多く、ベトナムが約119,477個(全体の11%)を発行しました。

フィリピンの訪問者に発行されたビザ件数は合計10万875件(9%)、インドネシアは49,800件(5%)で続いた。

日本は、原則として、現在、新しいビザ発給を停止しました。

日本政府観光局の別途資料によると、日本は3月まで前年比外国人観光客の数が前年比18回連続で減少したが、4月には約2,900人で10,900人に増加した。

毎年増加する理由は、新学年交換学生、日本人のパートナーのような “特別な例外的な状況」での入国が許可された人たちの到着のためであると思われる。

READ  アニメ「デーモンスレイヤー」が伝染病の中で、日本と和音を出す

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close