技術

2020年のホットだった完全なワイヤレスイヤホン。私的ベスト5 – Engadget日本版

もう完全に当たり前になった全体のワイヤレスイヤホン。 特に2020年は、在宅勤務・自宅学習の機会が増えたことで、ミーティングや手軽に音楽を楽しむことができ利用する人も多かったのではないと思います。

そのような完全ワイヤレスイヤホン、今年も様々な新製品が登場しました。 そこで今回は、完全に、このレスイヤホンの中で個人的に使用すること、気になったことから私的ベスト5を選択してみました。 今年発売されたことがないものも含まれていますが、そこはご容赦ください。

1.WF-1000XM3

WF-1000XM3

オーバーイヤーのWH-100XM4を購入漢も家庭での利用頻度は激減してしまいましたが、まず外出するときに使用しているが、イヤホン。 通う端末が頻繁に変わったりいくつかを通っており、可能性があるので、簡単に交換されているマルチペアリングが便利です。

2.AirPods Pro

AirPods Pro

今ノイズキャンセリング搭載全体ワイヤレスイヤホンの代名詞となっているAirPods Pro。 「AirPods Pro対抗」「AirPodsキラー」という言葉は、新製品が登場するたびに目にすることです。しかし、Androidのメインの人があえて選択することは少ないようで、その言葉が正しいことをはいつも疑問に思っていることもあります。

いずれにせよ、iPhoneユーザーであれば、最初に候補に挙げられている装置になります。 ちなみに、ANCを含む基本的な機能は、Androidでも使用することができます。

3。 ギャラクシーバードライブ

Galaxy Buds Live

2020年の夏にリリースされたGalaxy Budsシリーズの最新モデル。 豆型という形状のインパクトが強いシリーズ初のANCを搭載するなど、機能も充実しています。

フィット感は非常によく、長時間使用しても疲れません。 ただし、オープンということもあり、ANCの効果はやや少ない。 集中して音楽を聴いて言葉よりも常にBGMとして音楽を流しているような用途に適していそうです。

4。 ピクセルバード

ピクセルバード

日本では、2020年8月に発売されたGoogleの全ワイヤレスイヤホン。 現在としてはむしろ珍しく、ANCはサポートしていません。 代わり周囲の騒音に応じて音量を自動調整するアダプティブ・サウンド機能を搭載します。

これは繁華街などで周り騒々しい場合は、音量を上げて聞いて簡単に、逆に静かな環境で自動的にボリュームを下げてくれる機能です。

他にも、赤ちゃんの泣き声と緊急車両のサイレンが聞こえたら、音量を下げる周囲の音を聴取が可能などGoogleダウンとする機能を搭載しているのも特徴です。

ノイキャᆫガ必要ないと思わせてくれるGoogle Pixel Buds注目の新機能

Pixel Budsに新機能を追加更新します。低音ブーストおよび注意警告など

5.HUAWEI FreeBuds Pro

HUAWEI FreeBuds Pro

日本では11月に発売されたHAUWEI全体ワイヤレスイヤホン。 これだけ実際やったことがありませんが、各所のレビューなどを見ても非常に評価が高く、気になっているデバイスです。

以前のモデルであるFreeBuds 3はやったことが、オープンでありながらANC対応で長時間着用しても疲れない感じでした。 これに対してFreeBuds Proはカナル型に変更されているので、フィット感が気になる。

全体ワイヤレスイヤホンで対応機種が少ない2台同時接続のマルチポイントをサポートすることも特徴で、PCに利用しながら、スマートフォンの電話があれば、そのまま応答も可能です。

READ  AirPods Max深堀りレビュー。極めて中立的な音質に良い印象ながら本物のライバル不在(ホンダ雅一) - Engadget日本版

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close