トップニュース

2020年の訪日観光客87%減、1964年以来最大の下落

東京(教徒)-2020年訪日外国人観光客が前年比87.1%の減少したが、これは似たようなデータが出てきた1964年以来最大の減少であった日本の観光庁が水曜日発表した。 コロナウイルス感染症が日本のインバウンド観光に冷水を流しながら腕。

昨年、韓国を訪問した外国人の数は412万人に急減した。 元オリンピックとパラリンピックを開催する予定だった2020年の外国人観光客4000万人を迎えするという政府の野心に多大な打撃を与えた。

夏季オリンピックは伝染病のために1年間延期された。

5月には、政府が、ウイルスの拡散を防ぐために厳格な国境管理を施行により、ベトナムを訪問した訪問者数1,663人で、前年比99.9%減少した。

政府が入国制限を部分的に緩和しながら、夏以降、毎月の到着が急増しました。 12月の外国人観光客の数は58,700人で、15ヶ月の間に、前年比97.7%減少した。

国・地域別、中国で日本を訪れた人が最も多い1,069,200人で、前年比88.9%減少し、台湾人694,500人(85.8%減)、韓国人487,900人(91.3%減)が続いた。

年間海外旅行をする日本人の数は約317万人で84.2%減少し、比較可能なデータが出てきた後、最大の数値です。

最近の感染が急増するにつれて、日本政府は12月末に入国制限を再調整し、1月7日、東京と近隣3県に一ヶ月間の緊急事態を宣言し、その後47県のうち、7つの県に拡大した。 県。

READ  「ドコモ口座」否定引き出し昨年5月にも牛や銀で同じ手法教訓活用されずに? - 毎日の新聞 - 毎日新聞

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close