世界

2020年兵士として8,500人以上の使用:UN

去る6月21日、ニューヨーク(ロイター) – 昨年8,500人以上の子供が世界の様々な紛争で兵士として使用され、ほぼ2,700人が死亡したと国連が語った。

国連アントニオ・グテーレス(Antonio Guterres)の児童と武力紛争に関する安保理の年次報告書は、児童殺害、虐待、性的虐待、誘拐や募集、援助アプローチを拒否し、学校や病院標的化を説明します。

報告書は、21件の紛争で19,379人の児童の違反行為が発生したことを確認しました。 2020年の最も多くの違反はソマリア、コンゴ民主共和国、アフガニスタン、シリア、イエメンで発生しました。

昨年8,521人の子どもが兵士として用いられ、別の2,674人の子どもが死亡して5,748人が様々な紛争に負傷したことを確認しました。

この報告書はまた、紛争当事者が未成年者の保護措置を実施するように誘導するために、紛争当事者を数値にするブラックリストが含まれています。 このリストは、サウジアラビアとイスラエルが近年のリストから外れという圧力ウルガた外交官たちと長い間議論がされてきました。

イスラエルは一度も登録されていないが、サウジアラビアが主導する軍事連合はイエメンで子供を殺し負傷を負わせたことは初めて命名され数値を受けた後、2020年にリストから削除されました。

レポートをめぐる議論を緩和するために、2017年Guterresが発表したブラックリストは二つのカテゴリーに分けられます。 一つは、子どもの保護のための措置を取った当事者を一覧表示し、他の一つは、そうでない者を含みます。

月曜日に発表されたリストには、大きな変化がほとんどありませんでした。 措置を取らなかったことリストに名前をあげた唯一の締約国は、児童殺害、虐殺と性暴力のための、ミャンマー軍と児童の募集、児童殺害、虐殺と性暴力、学校の攻撃のための、シリア政府軍です。 そして病院。

(この話は最後の段落のリストの説明を変更します)

Michelle Nicholsの報告; Angus MacSwan編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  ベネチア、コロナウイルス感染症が始まって以来、初のクルーズ船を発見

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close