技術

2020年東京オリンピックで日本の技術を披露するロボット

もちろん、他のロボットが大会の公式アシスタントとして参加していなかっ東京オリンピックではなかったのだ。

日本は技術が人類の生活をより簡単に作成することができ、そのために巨大で複雑なシステムに限定される必要がないことを重ねて証明しました。 オリンピックは、日本がロボット技術を披露する絶好の機会であり、そのために様々な部門でヒューマン・オーガナイザーを支援する2つのロボットを導入しました。 東京2020ロボットプロジェクトリーダーであるヒルッカ博久(Hirohisa Hirukawa)は、「東京2020のゲームは日本のロボット技術を披露する特別な機会です。 競技場でも選手を競技場に案内しても関係なく、ロボットがあなたを守ってくれます!

この小さなヘルパーについて話したときに、現場支援ロボットは、最近のラグビーの試合でデビューした最も顕著なロボットの一つです。 ロボットは、ラグビーボールを回収して、陸上競技の支援を与えるために使用されます。 ロボットは、現場で物体を回収するための最適の経路を設計することができ、時間を節約するだけでなく、進行中の感染症の間に人の支援が少ない必要です。 時には任務を休んものを持ってくる姿も見ることができます! (最終的にはロボットも再充電する時間が必要である)

オリンピックの話をすると、東京オリンピックとパラリンピック大会の「未来的代謝」として活動する小さな漫画のようなロボットに変身した公式マスコットであるミライトと(Miraitowa)とSomeityを欠かせません。 最初は観客を歓迎し、握手するために設計され、今では観客禁止ポリシーに従っているので、義務はありません会場周辺ではまだ見ることができなく、選手たちに手を振っています!

また、障害者を助けるために席に案内したり、様々な料理をもたらす役割をする人間と配信支援ロボットもあります。 彼らはまた、大衆にイベント情報を提供するのに役立ちながら、主催者に大きな助けになりました。 おそらく将来的には、完全なロボット組織のチームを見ることになるでしょう!

READ  Nuvoton Technology Corporation JapanとGreen Hills Software、安全安全なデジタル車のダッシュボードを提供

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close