スポーツ

2020年F1ポイントランキングハミルトンが7回F1チャンピオン獲得/ F1トルコGP終了時点[F1-Gate.com]

2020年F1世界選手権第14戦F1トルコのGPが終了。 優勝したメルセデスF1のルイス・ハミルトンが2020年のF1ドライバーズタイトルを確定、ミハエル・シューマッハが保有していた7回F1史上最多タイ記録を立てた。

ランキング2位のバーワルテリア・ボットス7ポイント以上の差をつけて仕上げとタイトル確定する状況で迎えたレース。 6回グリッドからスタートしたルイス・ハミルトンは、優れたタイヤ管理の1ストップ戦略を成功させて勝利に2020年F1ワールドチャンピオンを獲得。

4年連続、自分七F1ワールドチャンピオン(2008年、2014年、2015年、2017年、2018年、2019年、2020年)を受賞したルイス・ハミルトンは、ミハエル・シューマッハが保有していたF1史上最多のワールドチャンピオンタイ記録を立てた。

ドライバスチャンピオンシップで2位表彰台を獲得したセルジオ・ペレス(レーシングポイント)がランキング4位に上がった。 また、4位入賞シャルルルクレール(フェラーリ)がダニエルリカルドを1ポイント上回っランキング5位に浮上した。

コンストラクターチャンピオンシップ3位争いが激化。 20点を加点したレーシングポイントが154点で3位だった。 ダブル入賞マクラーレンが4位(149点)、1点にとどまったルノーは5位(136点)に下降。 また、セバスチャン・ベッテルが3位、シャルルルクレール4位27ポイントを獲得したフェラーリが5位ルノーの6点の差まで迫った(130ポイント)。

2020年F1ドライバーズポイント
1.ルイス・ハミルトン(メルセデス) – 307
2.バーワルテリア・ボットス(メルセデス) – 197
3.マックスフェルースタトペᆫ(レッドブル) – 170
4.セルジオ・ペレス(レーシングポイント) – 100
5.シャルルルクレール(フェラーリ) – 97
6.ダニエルリカルド(ルノー) – 96
7.カルロス・サインツ(マクラーレン) – 75
8.ランドノリス(マクラーレン) – 74
9.アレキサンダーアル本(レッドブル) – 70
10.ピエールオクラホマ(アルファ打私たち) – 63
11.ランススト(レーシングポイント) – 59
12.エステバンオオ(ルノー) – 40
13.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ) – 33
14.なんてルー・クビアート(アルファ打私たち) – 26
15.ニコ・ヒュルケンベルグ(レーシングポイント) – 10
16.キミ・ライコネン(アルファ) – 4
17.アントニオジョビナッツィ(アルファ) – 4
18.ロマングロージャン(ハース) – 2
19.ケビンまくりヌトセン(ハース) – 1
20.ニコラスラティフィ(ウィリアムズ) –
21.ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ) –

2020年F1コンストラクターポイント
1.メルセデス – 504
2.レッドブル – 240
3.レーシングポイント – 154
4.マクラーレン – 149
5.ルノー – 136
6.フェラーリ – 130
7.アルファタたち – 89
8.アルファ – 8
9.ハース –
10.ウィリアムズ –

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1レース結果 / F1トルコGP

READ  [엔도 야스히토 주빌로 이적]「周りを気にしたことですね」記録よりも大きい人間性 - Jリーグ - Number Web

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close