スポーツ

2020東京オリンピック博物館で開かれる漫画展

ローザンヌのオリンピック博物館は、東京オリンピックとパラリンピックを記念する夏の間運営されている漫画コミックに描かれたスポーツを特徴とする、新しい展示会を開始しました。

元昨年計画された「Sport X Manga」は9つの「フラッグシップ」の漫画を特徴とし、日本文化に「完全に没入」するように設計されました。

展示物には、展示ポスターをデザインした浦沢直樹の作品が含まれます。

Urasawaは「彼らは週刊誌に登場し説明された試合は、「本物」のスポーツよりも大きい情熱を呼び起こします。」と言いました。

「このポスターでは、日本のスポーツ漫画の本質全体を集中させました。

「左下のボックスに「続行するには!」というテキストが表示されます。

「本当の漫画で読者は、次に何が起こるかを知るために一週間せっかちがないから。」

スポーツ漫画は、第二次世界大戦後、登場して、日本が国際的なスポーツに再統合され、重要な役割を果たしたそうです。

ローザンヌ博物館外部の庭は、訪問者が関門を通過できるように改造されました。 展示主催側は「信徒社員の前に置かれた、有名な鳥居で緩くインスピレーションを受けた」と述べています。

漫画に関しては
漫画に関しては、「説明された試合は、「実際の」スポーツよりも大きい情熱を呼び起こす」とNaoki Urasawaは主張します。 ©The Olympic Museum / Naoki Urasawa

デザインは、東京2020の「ルック」を連想させるためのものです。

1964年の東京オリンピックを連想させる写真展、有名な日本のオリンピック選手たちの展示も庭に配置されました。

博物館内部では漫画形式でインスピレーションを得た未来東和と小メティエ、オリンピックとパラリンピックのマスコットが訪問者を迎えます。

トーチの例展示されています。

またスケートボード、サーフィン、スポーツクライミング、野球 – ソフトボール、空手などのすべてのスポーツが東京オリンピックのプログラムに追加された特別展があります。

日本の「カプセルホテル」の形で3つのフォトブースが設置されました。

博物館訪問者は、図に使用された単語である「kaki moji」からインスピレーションを受けたセルカを撮ることができます。

漫画の中の人気キャラクターである翼船長の動きを再現してみることもできる。

このプログラムは、競技場の建築家Kengo Kumaとのセッションを含むように設定されたライブストリーミングイベントを提供していますが、主催者は、ライブの観客を持つことができることを希望します。

Captain Tsubasa
Captain Tsubasa

熊野がデザインした国立競技場モデルも展示されており、観覧客は拡張現実を使用して競技場を仮想的に探索することができる。 拡張現実を使用して「競技場に入ると、選手がどのように感じるか想像することができる」。

伝染病に応じてイベントが変更されることがありますが、主催者は、6月13日に「24時間J-Pop」のイベントを開催する予定です。

以降五輪開幕に合わせて、日本AfrobeatグループAjateのコンサートが7月23日に予定されています。

博物館のレストランでさえも味噌汁、醤油に漬けマグロちらし、野菜餃子と照り焼きチキンのような料理と一緒に和風の味を感じることです。

AngoulêmeInternational Comics Festivalの全共同芸術監督であるStephane Beaujeanがキュレーティング漢展覧会は11月21日まで行われます。

一方、オリンピックの聖火リレーは、オリンピック前の最後の日、東京に近付く常盤牛漫画博物館を訪問する予定です。

READ  全豪オープン2021:日本のKei Nishikoriが開幕戦でPablo Carreno-Bustaによって脱落したにもかかわらず、「一種の幸福」

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close