トップニュース

2021年、日本オリンピック試験7日目決勝ライブ要約

2021年、日本水泳(オリンピック試験)

MEN」S 100 FLY – 最終

JPN National Record – 51.00、Kohei Kawamoto 2009&Takeshi Kawamoto 2021
JPNオリンピック予選の時間 – 51.70

GOLD – Naoki Mizunuma、51.03オリンピック予選
SILVER – Takeshi Kawamoto、51.25オリンピック予選
BRONZE – Katsuo Matsumoto、51.67 *

この非常に近接した男子100mバタフライファイナルで52秒のしきい値の下に落ちた。 主導 Naoki Mizunuma、日本の水泳連盟(JASF)の規定時間である51.70の水泳選手トリオも今年の夏のオリンピックのための東京のチケットを予約するために必要でした。

Mizunumaは23.85で開始し、27.18で引けて、自分のキャリアの中で最も早い51.03にチェックインしました。 これは2009年河本耕平から51.00を記録した国の記録を超えて0.03に過ぎません。 Takeshi Kawamoto 最後の夜の準決勝で。 したがってMizunumaは現在、日本で歴代3位を占めています。

今夜、河本は51.25で2位を占めており、依然としてQT下でMizunumaとオリンピック名簿に上がりました。

3位を占めた奇妙な男、ここで200m自由勝者は Katsuo Matsumoto、QTを受けるために51.67点を記録した。

51点を記録したが、日本の決勝戦は、シーズンの世界ランキングに大きな打撃を負わせました。 Mizunumaは現在、彼のチームメイトと一緒に3位に上がりました。

2 ジョセフ
Miladinov
検索 51.08 12/19
どのようなもの
SUI 51.15 12/04
4
河本
日本の 51.28 02/07
5 直樹
Mizunuma
日本の 51.34 02/07

上位26件を表示»

女性200百 – 最終

JPN National Record – 2:07.13、Reiko Nakamura 2008
JPNオリンピック予選時間 – 2:09.40

GOLD – Anna Konishi 2:09.47
SILVER – Marina Fubuyashi、2:10.82
BRONZE -Sayaka Akase 2:11.69

Anna Konishi今夜は女性200m背泳ぎ決勝で優勝限りJASFが定めた選抜基準である2:09.40の非常に不足しています。

この24歳の選手は東京予選マークよりも07に過ぎない2分09秒47の勝利を記録した。 今夜彼女の時間は彼女が2018パンパシフィックチャンピオンシップで製作した2:09.44の遅れ彼女のキャリアの中で2位を占めています。 その結果、彼女は日本で9番目に速い演技者になりました。

今晩小西後 マリーナ後部ヤシ 2:10.82で Sayaka Akase 2:11.69を押して上位3位を完成します。

驚くべきことに、 Natsumi Sakai 2時12分14秒の記録で4位に落ちました。 堺はすでにシーズン初めオリンピックQTに参加し、昨年12月、日本の水泳で2:09.32の記録を持っている。 そのほかにも、19歳の酒井は2018年のアジア大会で銀メダルを獲得するために2:08.12の結果を記録し、オリンピックに適した時間を作ることができることを証明しました。

女性800無料 – 最終

JPN National Record – 8:23.68、Sachiko Yamada 2004
JPNオリンピック予選の時間 – 8:29.70

GOLD – Miyu Namba、8:26.61オリンピック予選
シルバー – Waka Kobori、8:26.67、オリンピック予選
BRONZE – Chinatsu Sato 8:33.41

この非常に近い800m自由レースは二人の女性の間のデュアルでした。 美乳番号Waka Kobori 06間隔で壁に巻かれています。 難波は8:26.61で1位に続きKoboriの8:26.67に続いて、今年の夏のオリンピックに出場することができる二人の女性を記録した。

Koboriはほとんどの戦いで0.5秒未満の速度を維持しながら、全体のレースをなんば横に隠れていました。 彼女は最後にそれをオンにして、ほぼなんばをキャッチところし、二人の女性の両方スリリングな大会で、生涯最高を記録しました。

この大会に参加した18歳難波のキャリアで最も速いのは、彼女が2019 FINA世界ジュニア選手権で銀メダルを獲得するために記録した8:27.24に代表された。 小堀は、2月から8時27分08秒まで速い。 女性は現在、歴代の日本の共演者名簿からフリップフロップのポジションをとっており、難波は2位、小堀は3位だった。

難波と小堀はすでに大会序盤400mフリーでオリンピック名簿に進出しました。 Chnatsu Sato 4freeレースで彼女の配置を繰り返しながら、別の3位を占めています。

MEN」S 50 FREE – SEMI-FINAL

JPN National Record – 21.67、Shinri Shioura 2019
JPNオリンピック予選の時間 – 21.77

上位8:

女性50人無料 – 準決勝

JPN National Record – 24.21、Rikako Ikee 2018
JPNオリンピック予選の時間 – 24.46

上位8:

READ  オリンピックに観客なし、国家森林火災リスク、ハイチの未来:一日を開始するために必要なニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close