経済

2021年の「iPhone 13」は、従来通り、9月に発売か – GIGAZINE



2020年に登場したiPhoneの12iPhoneの12のミニiPhoneの12プロiPhoneの12プロマックス新型コロナウイルスの影響で発売時期が従来の9月に1カ月以上の後にずれ込みました。しかし、2021年に発売される新型iPhoneは従来通り、9月に発売されるとiPhone関連信頼できるリーク情報と精度の高い予測におなじみのアナリストであるミンチクオ氏が述べています。

Kuo:iPhone 13、2021年の定期の生産と出荷予定-9to5Mac
https://9to5mac.com/2020/12/12/kuo-iphone-13-to-be-produced-and-launched-on-regular-schedule-in-2021/

Apple関連メディア9to5Macが入手した層氏が投資家に向けて作成した資料によると、2021年に発売される新型iPhoneの「iPhone 13(仮)」は、従来どおり、すべてのモデルが「2021年9月」に発売されることが期待ことができるとのこと。

2020年新型コロナウイルス感染症によって、世界中のAppleのサプライヤー工場一時閉鎖などモールました。 iPhone開発の本拠地であるApple本社でリモートワークが行われて、その結果、iPhone、12とiPhone 12 Proは、10月後半にiPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxは、11月に発売されることになっています。

また、層によれば、Appleは、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Max用カメラセンサー供給の問題に直面しているが、iPhone 12 Proの売上高は堅調」2020年Proモデルの需要は予想を上回るている」と主張しています。


また、郭氏は、顧客にAppleやAMD、NVIDIAなどを抱えている半導体ファウンドリTSMCの5nm工程チップの生産量が少ない理由は、「iPhone 12の需要が少ないからではない」と述べたています。

低TSMC 5nmチップの生産は、低iPhone 12需要のためではないMing-Chi Kuo | AppleInsider
https://appleinsider.com/articles/20/12/12/kuo-lower-tsmc-5nm-chip-production-isnt-due-to-low-iphone-12-demand

TSMCは、2020年6月に5nm工程での生産を開始した報道されてあったが、8月に正式に5nmプロセスの詳細を発表しています。

TSMCが5nm工程3nmプロセスの詳細を発表し、3nmのコースは、2022年の後半に大量生産を開始する予定 – GIGAZINE

スティーブ私ベトスン

TSMCの5nmプロセスで製造されたチップでは、iPhoneの12シリーズに搭載されている「A14 Bionic “またはApple初のMac用の独自開発のチップ「M1」などが挙げられます。

最初Apple Siliconある「M1」チップが登場、5nm工程で製造された世界最速のCPU搭載 – GIGAZINE


2020年第4四半期Appleは、TSMCの5nm工程の100%をA14 Bionic製造に用いたが、2021年第1四半期には80%しか使用していないと報道されています。 この使用量の減少は、iPhone 12シリーズの需要が少ないからだと思われますが、郭氏は、需要の低下がもたらした結果ではないと主張している。 実際に2021年第2四半期のiPhoneの出荷予測は5100万台で、4500万台に減少されていますが、それでもこの「4500万台」というの出荷台数は、2020年第2四半期「3600万台」を大きく超える数です。

また、TSMCが2020年10月に発表した決算報告書によると、総収入の8%が5nm工程によるものとします。

この記事のタイトルとURLをコピー

READ  インドの - 日本、「熟練労働者」に移動協約締結

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close