理科

2021年元旦から大晦日まで「月の位相」を再現した5分のビデオ| sorae宇宙のポータルサイト

十三夜月を再現した画像(Credit:NASA「s Goddard Space Flight Center)

今後1ヶ月程度の大晦日を迎え2020年には、多くの人々に記憶に強く残る歳になったのはないでしょうか。12月6日はJAXA(宇宙航空研究開発機構)の小惑星探査機「はやぶさ2」再突入カプセルがついにオーストラリアのウーメラに着陸する予定であり、soraeでは、カプセルの着陸回数の詳細なレポートおよび拡張ミッションに挑戦する「はやぶさ2」の動向などをお届けしている中で、2021年を迎えることになるでしょう。

▲2021年月の位相 – 北半球 – 4K(提供:NASAのゴダード宇宙飛行センター)▲

ここでは、来年2021年元旦から大晦日までの月の位相姿約5分間の動画で再現したもの(※BGM付きなので、ボリュームにご注意ください)。 NASAの月周回衛星「ルナ・リコーはいサンス・オービター(LRO)」による観測データをもとに、NASAのゴダード宇宙飛行センターによって作成されました。 YouTubeにアップ4K解像度でアップロードされています。

月の指名で動画の情報に至る表記は、英語であるが、動画の右下“視覚”「日/月/年/時間(協定世界時、日本標準時より9時間遅れ)」の順で日付がその下の“段階”満月の割合(%)と月齢(日/時/分の順)が表示されています。詳しい話は後で、優先毎日変化する月の位相を是非お楽しみ下さい。

ところで、動画月満ち欠けながら左右に大きく傾いているが、これは地球の自転軸が傾いているために起こる明らか角度の変化です。これとは別に、月の公転軌道が円形ではなく楕円形をしているか、自転軸がゴンジョンミョンについて傾いていたりすることなどで発生「秤動(兵頭)」という現象も動画で再現されています。

月は自転と公転の周期が一致しているので、常に前面地球に向かっているがチン棟生じることで、少しの裏面の一部を見ることができます。 チン同意動きは動画の下部の「ジャイロスコープ」表示の青いリングの傾きで確認することができます。

また、動画の中央月全体のサイズも大きくなったり小さくなったりしていますが、これは月が地球に接近したり、遠ざかっするで発生月の見かけの大きさの変化を示しています。地球から月までの距離約356,400〜400,000km(地球の直径の約28〜32倍)の間で変化しているので、月の見かけの大きさも変わってくるということです。 動画の右を見ると、月が地球からどのくらい離れているかどうかが、地球の直径の比率で表示されています。

月が地球に最も近づくときの満月いわゆる「スーパームーン」となっており、2021年には5月26日の満月が適用され(ただし、スーパームーンは天文学的に明確な定義はありません)。一方、この日は日本全国で皆既月食を見ることができ(上がってきた月がすでに欠け始めた “月出の食べ物(月出演を退職)」)のためにスーパーのドア月食をすべて観望することができます。

関連:スムーズに回転する月の動画は、NASAの月周回衛星のデータをもとに生成される

画像とビデオのクレジット:NASAのゴダード宇宙飛行センター
出典: ゴダード宇宙飛行センター
文/松村武宏

READ  視聴:シンクロナイズドスイミング、無重力シャープシューティングとハンドボールのないISSの「宇宙オリンピック」、Science News

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close