2021年度に日本政府労働者の34%が育児休業を使用しました。

1 min read

2021年度に日本中央政府男性公務員の34%が育児休職を出したと公務員改革担当長官が火曜日明らかにした。

2019年7月、育児休業期間中、ある父親が横浜のある公園で子供と一緒に散歩をしている。 (刑務所)

河野太郎は記者会見で「この数値は前年度より5%ポイント増加した」とし「2025年まで男性の休暇比率を30%に高めるという政府の目標を超えた」と話した。

しかし、出産率の低下で困難を経験している韓国の全体の育児休職率は依然として低い水準だ。

データによると、日本の父親専用の休暇システムがOECD諸国の中で最も寛大さにもかかわらず、就職した新しい父親の約7.5%だけが休暇をとりました。

経済協力開発機構(OECD)が9月に更新した報告書によると、日本の男性は31.9株の完全有給休暇を受ける資格があり、これは韓国、ルクセンブルク、ノルウェーなどの国よりも多い数値だ。


関連プレス:

日本県、労働者に孫の世話をするために休暇を許可

フォーカス:従業員の出生率公開で日本企業に逆風が吹く

日本政府、上場企業に性別格差公開要求


READ  ブラジル、日本、初のオミクロン事例報告
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours