エンターテインメント

2022ミスインターナショナル2022日本選抜大会12月日本で開催

Binibining Pilipinas International 2021 Hannah Arnoldが国を代表

マニラ、フィリピン – 2年間の空白の末、ミスインターナショナル選抜大会が2022年12月に日本で再開される予定です。

主催側はまた、この版の候補者の配置は、各国の様々な価値ある擁護活動に積極的に参加すると述べた。

声明は「すべての代表団が到着する前に国連の持続可能発展目標(SDGs)を促進する多様な活動に各自が参加していることを確認する」と明らかにした。

」[Beauties for SDGs] これは、ミス・インターナショナルが自国のタイトル保有者の影響力を活用して認識を広げ、自国や地域のSDGイニシアチブに積極的に参加する謙虚な方法です。

2020年と2021年の両方で、コロナ19ファンデミックのためにミスインターナショナル大会の最後の大会がキャンセルされ、2019年に最後の大会が開かれました。 2019年に王冠を書いたタイのSiriethorn Leearamwatが、現タイトル保有者です。

Binibining Pilipinas International 2021 Hannah Arnoldは、今後の大会でフィリピンを代表します。 マスバテの美女クイーンは、インスタグラムの投稿で第60回美人大会に参加した国家代表に感謝するという挨拶を伝えた。

「私の夢の旅を続けるために、この祝福をくれたBinibining Pilipinas Charities Inc.に感謝します。 これは私 [Miss International] 姉妹と私は祈り、多くのメッセージを伝えました。 私たちは、国連の持続可能な開発目標に対するさらなる認識を広げるためにこの余分な時間を確実に使用します。」と彼女は書いています。

Hannahは、国の7番目のミスインターナショナルクラウンを獲得するために競争します。 – Rappler.com

READ  PH Malditas選手Bolden、Quezada、日本初の女子プロサッカーリーグでプレー

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close