エンターテインメント

2022年インドネシア親善の日日本福岡で映画「スリダラ」上映

福岡市立図書館を訪問しながら、日本駐在のインドネシア大使であるヘリ・アフマディ(Heri Akhmadi)は、日本でインドネシアの映画上映組織を奨励し、その一つがティガ・ダラ(Tiga Dara)でした。 この活動は、2022年11月上旬に開催される予定の福岡で開かれるインドネシア友情の日(IFD)活動の一部です。

ヘリ大使は水曜日(2022年8月24日)、福岡市立図書館の浣腸である茂木俊志との会議で、このインドネシア映画の上映は、インドネシアの創造経済を活性化するための東京駐在インドネシア大使館の努力だと述べた。 日本で。

Hariは、金曜日(26/8/2022)のプレスリリースで「福岡図書館を訪れたのは、インドネシア – 日本創造経済を促進するための友情と協力を模索するためのものです」と述べました。 その一つはインドネシア映画上映でした。 終わった」

福岡市立図書館の会長であるShigeki Tateshiは、東京のインドネシア大使館でインドネシア映画上映に協力する機会に感謝しました。

「福岡図書館はインドネシア映画の膨大なコレクションを所蔵しており、日本の140以上のスタジオや文化センターにも配布されました。 「私たちはインドネシア – 日本の友情を促進する準備ができています。」とShigeki Tateshiは言いました。

Kydenko Corporationの会長でもある西村松司福岡インドネシア名誉領事(Konhor)は、福岡県でインドネシアの77番目の独立を祝うために、福岡でIFDの成功した施行を支援するという約束を再確認しました。 活動もある予定だ。

訪問期間中、セリフHeri Akhmadiは福岡市立図書館が所有する様々なインドネシア映画のコレクションとコレクションをレビューしました。 インドネシアの映画コレクションもデジタル化され、特に古い映画コレクションにさらに広くアクセスできます。 そのうち1957年に製作されたミュージカル演劇「サムダラ」がある。

再生可能エネルギー研究を開発する大使Heri Akhmadi Bridgeは、九州大学ペルタミナと協力しています。

別の行事で九州大学福岡を訪問したヘリ・アクマディ大使は、九州大学とペルタミナ大学のエネルギー分野の研究開発と技術移転協力の構築を奨励しました。 ヘリ大使は協力の第一段階としてインドネシア政府で推進するメルデカランニングとメルデカキャンパスプログラムを活用した招待講演プログラムと学生交流を通じて研究結果を共有できる方案を提案した。

「九州大学は、再生可能エネルギー(EBT)分野の進歩的で革新的な研究として広く知られています。 このため、九州大学が教育、研究、人的資源能力の強化を通じて協力を強化することに専念することが、インドネシアと日本の炭素中立目標達成努力にも役立つことを願っています。」とHeri大使は語った。

「エネルギー分野の研究開発と技術移転の観点から、インドネシアと日本の間の協力の形になると期待されるペルタミナ大学と九州大学の協力を確立することをお勧めします。 インドネシアのエネルギー産業を実現するために、Pertaminaは現在、バイオマスなどの再生可能エネルギー分野に事業を拡大しています。」とHerri大使は言います。

医者。 九州大学首席副総長の原田明(Akira Harata)はヘリ・アフマディ大使の提案に肯定的な反応を見せ、今回の協力を通じて九州大学で新再生可能エネルギー技術開発に関する研究を勉強するインドネシアの学生の数を増やすことができるあることを希望すると述べた。

Heri Akhmadi大使がKyushu Universityの複数の実験室施設を訪問している間、多くのインドネシアの学生が風力タービンから水素に至るまで、海洋熱エネルギーなどのエネルギー分野で集中研究に積極的に参加していることがわかりました。 (パーズ)

READ  ソニーの記録的な年には、日本の従業員が「7ヶ月」の給与」のボーナスを受け取ることになります。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close