トップニュース

2022年ワールドカップ日本・サウジアラビアアジア本選進出

ソウル、韓国(AP) – 日本が木曜日、シドニーでオーストラリアを2-0に破り、サカールスの自動予選機会を終え、7年連続ワールドカップ本選進出に成功しました。

その結果、アジアグループBのサウジアラビアも進出した。

日本は勝点21点でサウジアラビアを2点上回り、1位を記録した。

オーストラリアは3位に滞在し、予選競争を続けました。 現在アラブ首長国連邦(UAE)A組3位チームとプレーオフを控えており、南米野党との決勝戦も控えている。

交代投入された水戸薫の後半2ゴールで日本が無駄だった面白い試合が終わった。 南野拓美は5回も近接した。

READ  日本銀行、利回り曲線調整でアナリストが驚く

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close