2022年度の日本男性公務員の72.5%が子育て休業を記録しました。

Estimated read time 1 min read
読売新聞資料写真
国家人事員

人事員が最近発表したところによると、2022会計年度男性正規職公務員のうち育児休職を使用した割合は72.5%で初めて70%を超え、前年会計年度より9.7%ポイント増加した。

「それだけ [paternal leave] 制度が広く知られ、業務環境も改善され、育児休職を受けやすくなった」と所属事務所関係者は話した。

2022会計年度の子ども出産者のうち、子育て休職を使用した男性公務員数を基準に比率を計算した。 女性公務員が育児休職を使用した割合は99.1%だ。

子育て休職を使用した人のうち、2週間~1ヶ月未満が48.6%で最も多く、1ヶ月~3ヶ月未満が22.5%でその後に続いた。 女性公務員の場合、9ヶ月~12ヶ月の間に出産休暇を使用した人が31.2%で最も大きな割合を占めた。

政府は2030年まで男性育児休職比率を民間部門を含めて85%まで引き上げるという目標を立てた。

政府は昨年10月、子ども出産後8週間以内に父親が最大4週間の職場で休暇を受けることができるように、新しい育児休職制度を施行した。 「サンゴパパイキューキュ」(パパのための産後育児休職)と呼ばれるこの制度は、男性がより柔軟に育児休職を使用できる環境づくりを加速するための政府プロジェクトの一つです。

READ  日雪崩被撃外国人スキー選手2人死亡すると推定…
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours