2022年日本ボックスオフィス1位「ワンピース」

1 min read

日本データ

映画経済

日本映画は2022年の回復傾向を見せ、2019年以降初めて総ボックスオフィス収入が2000億円を超えた。


日本映画製作者協会によると、2022年の日本のボックスオフィスの収入は計2,130億円だった。 これは前年比31.6%増の金額であり、2019年にはファンデミック移転水準の80%である2,610億円に回復しました。 2000

映画館観覧客も前年比32.4%増加した1億5,200万人を記録し、観覧料支出は1人当たり平均1,402円とほとんど変動がなかった。

日本映画は前年比14.2%増の1,470億円の興行収益を記録しました。 アニメ映画はそれぞれ100億円以上の収益を生み出す上位3つの映画で良い成果を収めました。 これらは ワンピースフィルムレッド2022年8月、東映から197億円で発売。 Jujutsu Kaisen 0、2021年12月にTōhōから138億円で発売。 そして すずめ2022年11月、東広で132億円で発売。

一方、海外映画は前年同期比98.3%の大幅な成長を記録し、総収益665億円を記録しました。 海外興行1位の映画は トップガン:マーベリック2022年5月東和ピクチャーズで136億円で発売。

2023年の日本のボックスオフィス収益のトップ5映画

日本語

国際的な

(作成者 Nippon.com 日本映画制作者協会のデータに基づいています。)

日本と海外映画の年間公開合計は1,143本で、前年比184本増加しました。 全体の映画館のスクリーン数は3,634個で、前年比14個減少した。

(日本語翻訳。バナー写真©Pixta。)

関連タグ

映画
映画産業

このレポートの他の記事

シリーズ記事を見る

もっと見る

READ  これらは大きな新年の夜のイベントをキャンセルする主要都市の一部です。
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours