世界

2022年8月26日ロシア – ウクライナニュース

フランスの石油・ガス大企業のTotalEnergiesは、金曜日にジェット燃料を生産するロシア企業の持分売却を完了したと述べた。

このコメントは、フランスの新聞が木曜日に記事を掲載した後でした。 ル・モンド 「フランスの石油・ガス大企業と地元のパートナーNovatekがガス田を管理しており、このガス田の製品はかつて灯油に変形してウクライナ戦争に参戦したロシア戦闘機に燃料を供給するために使用されています。 Terneftegazは、TotalEnergiesが49%、Novatekが51%を所有しています。

Le Mondeの報告書に応答して、TotalEnergiesは金曜日の声明で、Terneftegazが西シベリアのPurovsky工場でジェット燃料を生産していますが、ロシアで販売できる認証がないと述べました。

「Purovsky工場では、Terneftegasを含むNOVATEKの子会社および関連会社から供給された供給原料から製造された安定した凝縮水の全体が、Leningrad地域のUst-Luga加工複合施設に転送されます。 「Ust-Luga Complexから加工中に派生する製品の範囲には、ロシア外に排他的に輸出されるジェット燃料(Jet A-1)が含まれており、ロシア内で販売できる認証もありません」とTotalEnergiesは言います。

同社は、メディアの報道と合同会社の活動や活動の調査要請が「まったく事実の根拠がない」と述べた。

その後、同社は「いいえ、TotalEnergiesはロシア軍のためのジェット燃料を生産しません」と結論付けました。

その声明に基づき、TotalEnergiesはまた、「ロシアのTermokarstovoyeガス田の持分の49%をNovatekに売却」し、「行動原則を引き続き実施している」と述べた。

一方、ドミトロクレバウクライナ外務長官は金曜日のトータルエネルギーにロシア撤収を促した。

クレバが言った Twitter経由 彼の国は「(フランス大統領)@EmmanuelMacronとウクライナを支えたフランス国民に感謝している」と述べたが、「このような背景で、フランス企業がウクライナ人の殺害と私たちの都市の破壊を助けたのはフランスにとって不名誉だ[email protected] TotalEnergies、ロシアから撤退せよ!

今年初め、TotalEnergiesは、遅くとも2022年末までにロシアの石油および石油製品の購入を中止すると発表しました。

しかし、同社はロシアで天然ガスを購入し続けると述べた。

TotalEnergiesは声明を通し、「石油供給とは異なり、ヨーロッパのガス物流能力のため、今後2〜3年間、ロシアのガスがなければヨーロッパのエネルギー供給に影響を与えずに耐えられないようです」と述べました。

同社は、他の地域の石油製品、特にサウジアラビアのSATORP製油所で生産されたディーゼルを動員すると述べた。

声明によると、TotalEnergiesのロシアの石油契約は、2021年に欧州連合に対するロシアのディーゼル輸出の12%を占めました。

同社は声明に従ってロシアで油田やガス田、液化天然ガスプラントを運営しておらず、ロシアで活動を徐々に中断する方向に進んでいることを再確認しました。

READ  インデュアランス、アーニスト・シャクトンの船、1915年の紛失、南極で発見

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close