2023リワインド:「携帯電話恐怖症」から略語問題まで、日本のアンケート調査で明らかになった社会的動向

Estimated read time 1 min read

70%以上の若い層で「電話恐怖症」を発見したアンケート調査から、約85%が日本語の略語の意味に苦しんでいるという世論調査に至るまで、2023年に日本では驚くべき調査結果が出ました。 以下は、過去1年間の社会的傾向と公共の感情を照らす興味深い発見のいくつかを選んだものです。

* * *


日本のZ世代の60%は結婚しなくても大丈夫です:アンケート調査





2023年1月29日、資料写真で人々が東京千代田区を歩いている。 (毎日/丸山宏)

東京 – ある技術企業が行った結婚に対する態度調査によると、日本のZ世代の約60%が結婚しなくても大丈夫だと答えました。 完全な物語



日本で調査された若い成人の70%以上が「電話恐怖症」を持っています。





(ゲッティイメージズ)

日本の20~30代のうち70%以上が携帯電話恐怖症を持っているとしたIT企業の調査で現れた。 完全な物語



日本人の85%以上が卵が好きで、メキシコ人に続いて世界で2番目に多く食べます。





(毎日)

東京 – 日本食品会社の調査によると、日本人の85%以上が卵が好きで、一人当たりの卵を世界でメキシコ人に続いて2番目に多く食べることがわかりました。 完全な物語



日本で調査した子供の約半分は本を全く読んでいません。





(ゲッティイメージズ)

東京 – 日本の2週間の「本週間」を控えて発表されたアンケートでは、約半分の子供が本を全く読んでいないと答えたのに対し、本をたくさん読む子どもは自分の学業能力に自信を持っていることがわかりました。 完全な物語



日本の調査報告書の85%が頭字語の意味に苦しんでいます。





2023年3月27日京都府上教区の文化庁の様子。 (毎日/久保レイ)

東京 – 日本語認識に関する年次世論調査では、回答者の85.1%が英語の文字を使用する頭字語の意味を「頻繁」または「時々」理解するのが難しいと答えました。 完全な物語



日本の高齢者は、連絡を維持するために電子メールよりもラインメッセージングアプリを使用します。アンケート





無料メッセージアプリラインが2013年5月10日東京千代田区の携帯電話画面に表示されます。 (Mainichi/Emi Naito)

東京 – 8月28日に発表された主要通信事業者のアンケート結果によると、日本の高齢者は現在、無料のメッセージングアプリであるLineをEメールよりも使用していることがわかりました。



日本Z世代が挙げた「カエル」の流行語:アンケート調査





(ゲッティイメージズ)

東京 – 「カエルに変わる現象」を意味する「カエルカゲンショ」または「カエル化」が2023年上半期の日本Z世代の中で最も多く選ばれた流行語に選ばれました。 6月5日発表。 全内容



路上の間接喫煙が人々を最も迷惑にする:日本の研究





この毎日新聞のイラストは、屋外での間接喫煙に不快感を感じる女性と子供を示しています。

東京 – 通りでの間接喫煙が日本の人々を最も不快にさせることが最近の研究結果を明らかにしました。 今回の調査を行った日本国立がんセンターは、改正法が室内喫煙を原則的に禁止した後、屋外で喫煙する人が増えたと見ている。 完全な物語



日本では学校のバックパックがますます重くなっており、一部は重量が10kgを超えています。





2023年4月18日、神戸市中央区で1年生が背中全体を覆う「ランドセル」リュックを背負って学校に向かっている。 (毎日/忠市香子)

KOBE – 日本で新しい学年が始まり、「重いバックパック」の問題がもう一度子供たちの肩を押しつぶしています。 東京のある企業が行った調査によると、教科書などを収めたブックバッグの平均重量は4kgを超え、一部は10kgを超えるという。 完全な物語



日本の女性83%、バレンタインデーに「義務的」チョコレートを与えたくない





2022年2月12日横浜西区のあるチョコレート店の様子。 (毎日/宮島真美)

日本の女性の80%以上がバレンタインデーに職場の同僚に義務的にチョコレートを与えたくないことが最近の調査で明らかになりました。 完全な物語



READ  「I-LAND "デビューメンバー7人決定日本人も抜擢 - モデルプレス
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours