スポーツ

2023年に100名の学者が失職した場合、研究に打撃

日本全域の他の多くの学者と同様に、李検研究所の男性研究員は、2023年3月、雇用契約が満了すると解雇されるという危機感が高まっている。

自分の研究室を持っている研究員は、自分と同じ人材の差し迫った喪失によって、日本の学業成就度に「深刻な被害」が発生すると主張します。

研究者は「累積研究を途中で中断しなければならないだろう」と述べた。 「勉強の進捗と成就にもかかわらず、強制退学を受けることは容認できません。 研究者たちが使い捨て品の取り扱いを受けているとは思えない」と話した。

彼は日本で仕事を見つけることができない多くの研究員が中国と海外に行くと主張して脳流出に対する懸念を生んでいる。

研究者の労働環境を改善するための雇用規則により、2023年3月末に何百人もの学者が国立大学や他の研究機関で期間制雇用を失う可能性が懸念されています。

このルールを使用すると、期間が固定されている研究者が次に切り替えることができます。 同じ職場で合計10年間勉強した後、武器契約。

しかし、政府が国営大学への補助金を抑えれば、多くの雇用主が人件費を減らすために、10年の規則に従って正規職に適格な研究員を強制的に追い出すことが懸念される。

日本共産党の田村智子議員は「日本の研究開発部門に致命傷を与えるだろう」と懸念を表明した。

勤労時間を制限すること自体が違法ではないが、田村は去る5月17日参議院内閣委会議で雇用危機について言及した。

タムラは「多くの(研究員)が雇用を失う恐れはまだ消えていない」と述べた。

2023年3月の審判の日

2013年4月から施行された労働契約法改正案は、総雇用期間が5年を超えた期間制労働者を正規職として採用することができ、ユーザーはこれを原則的に満たす必要があると規定している。

研究プロジェクトが長く続くため、2014年4月に発効した別の法律によれば、学者は合計10年間の期間制契約を締結した後、正規職の提供を要求することがあります。

10年規定の適用を受ける最も早い個人の算定基点が改正された勤労契約法が施行された2013年4月に設定されており、2013年4月以降期間制契約をしている研究員は無期限契約対象となります。 2023年3月。

これに大学労組など政党は学校運営者が学者を10年任期の正規職として雇用せずに解雇できるという懸念を表明している。

教育部が調査した結果によると、2023年3月末基準で全国86の大学と産学研の4つの機関で3,099人が勤務期間が10年に達する。

このうち1,672人の雇用限度は10年と明示されている。 大学別では東京大学が346人で最も多く、東北大学が236人、名古屋大学が206人、大阪大学が126人順だった。

以前、東北大学は2018年春に契約期間が5年の事務職労働者300人を解雇しました。

大学の教職員で構成される労働組合執行委員会の委員長である柏山浩は、長年にわたり予見された多くの研究者が抜擢されるリスクについて学校の今後の決定について大きく懸念しています。

Katayamaは、「雇用の安定性を確保するためのシステムは、従業員を解雇する言い訳として悪用されています」と述べた。 「大学のオペレータは、システムの初期目標に応じて無制限の場所に切り替える必要があります。」

東北大学は、期間制資格を持つ正規職職員は、業務内容を考慮した審査を通じて「正規職として在庫用できる」と明らかにした。

2023年3月までに5つの研究機関所属657人が同じように10年間、期間制勤労を行う予定だ。 317人の上限は10年で、ほとんど(296人)がリケン所属だ。

高橋はるみ国会教育文化体育科学技術部次官は、この挑戦​​に対抗する努力を強化すると約束した。

高橋氏は、「私たちは、正規職転換に関する規則の適切な管理を大学のオペレータに徹底的に通知する」と述べた。

ある研究センターはすでに非正規職員に期間限定のない報酬に転換しています。

国立産業科学技術院の人事担当者は、今年末までに10年間、そこで研究をすることになる422人を望む場合、再契約すると述べた。

国の研究能力の弱体化

学業の難しさに精通している科学政策問題の調査グループ「江俊恵介」は、若い研究者が非正規職の問題で被害を受けることがはるかに多いと指摘しました。

江ノキは「最近の昇進競争が激すぎて昇進に関連する人事移動が容易ではない」と話した。 「結局、若い人たちは立場を変えなければなりません。」

実際の年齢は公開されていないが、主に若手研究者とエンジニアが東北大学で雇用を失ったと推定される。

エノキは、この傾向は、若者が大学の博士課程で勉強したいと思う感じを減らし、研究能力を弱めることができると述べた。

期間制契約で働く人が多いほど、雇用の柔軟性が向上し、健全な競争がなされ、さらに活発な研究雰囲気が造られるなど、学界に利点があるとみなされます。

同時に、いくつかの否定的な側面は、定住と研究の実行、または長期生活計画の開発の難しさに関連して表示されます。

リケン研究員は「期間制雇用が悪いとは思わないが、安定した位置になければ研究に集中できない」と話した。 「特に成功の可能性が不透明な基礎研究から始めなければならないため、着実に研究が進行できる環境が必須です」

Enokiは、永久雇用の利点は、競争力の低い労働条件や流動性の低い労働市場の出現など、欠点よりも大きいと思われると述べた。

彼は「少なくとも今は(多数を正規職にする)研究者たちがゆっくりと研究活動に集中し、驚くべき成果を出すことがより良く見える」と話した。

(この記事は三浦淳、福岡龍一郎、藤波ゆ、かばたひさとしが作成しました。)

READ  ミック・シューマッハ、有名な名前がフォーミュラワンに帰還

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close